ガッシュ文庫<br> 龍と竜~白露~

個数:1
紙書籍版価格 ¥639
  • Kinoppy
  • Reader

ガッシュ文庫
龍と竜~白露~

  • ISBN:9784877245733

ファイル: /

内容説明

「いつでも家にいてくれよ、俺のために」他人に頼るまいと、ホストクラブで働きながら幼い弟を育てていた乙部竜城(おとべたつき)。彼は掛け持ちのバイト先で市ノ瀬組幹部の石神龍一郎(いしがみりゅういちろう)と出会う。極道ながら子供好きな龍一郎をいつしか愛するようになった竜城は龍一郎と同棲を始め、毎日貪るように身体を重ね合った。そんな折、組同士のいざこざで龍一郎の身に危険が迫る。極道の妻として生きると覚悟を決めたはずが、突然訪れた別離の予感に動揺が走り…!極道×清純な青年の運命愛。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みやこ

61
竜城を力でねじ伏せようとした龍一郎には腹が立ったけど、ヤクザの流儀の中で生きる彼の最大限の譲歩と愛情を見せられ、彼の竜城との恋愛に対する本気度を理解する。とはいえ、棲む世界が違う相手との恋愛がどういうものなのか、しみじみと身につまされる。理解することと感情が受け入れることは全く別で、それでも、ヤクザの龍一郎と添い遂げようとする竜城の覚悟と漢気に打たれる。龍一郎を理解しようと揺れる竜城の愛情と心の動きが丁寧に描かれていて、思いっきり感情移入してしまった。この先は波乱万丈でもバカップルでいてほしい二人です。→2017/08/20

タビサ

34
シリーズ② 龍一郎の妻(極道の家族)として生きていく決意をした竜城だが、覚悟を決めたつもりでも、ついて回る極道と世間との距離。関係がおかしくなりそうな時に、龍一郎の壮絶な過去を知る。今の龍があるのは彼を救った極道のお陰、そして龍の強さと家族との繋がりを求める事が良くわかった。極道の怖さを見せる部分もあるが、龍が竜城と颯太に向けるものはデレデレの愛情なのでほっとする。次郎・・・颯太にメロメロですが、颯太に今のところイヤイヤされてますね。颯太は小悪魔なのか、純真なのか?末恐ろしいです(笑)2017/09/02

はつばあば

31
好きでヤクザになったわけではないが龍一郎の親子関係が痛ましい。楓太にはとてもいいパパさんの龍一郎とヤクザと関わりを持った時点で人からアブナイ目でみられる竜城。楓太にはとてもいいパパさんではあるがキレた龍一郎は避けて通りたいところだが嫁となった以上・・徐々に改革せねばなるまい。一人と二人が一緒になりお互いが成長していく様と、次郎との兄弟仁義。普通の家庭では味わえないヤクザの世界、本ならばこそと読み進めたい(^^♪2020/09/17

そらねこ

21
再読・実は以前ここまで読んで満足。しばらくぶりに次を読まなきゃ…と思って次のCPに( ゚Д゚)ビックリ!なのでこれはその前から再読してじっくり…と思いまして(笑) 龍の過去に泣けた。竜城と颯太に家族のつながりを求める気持ちが痛いほどわかる(;_;)2019/03/05

かんちゃん@令和ヽ(*゚∀゚*)ノ

13
シリーズ2作目。エコヤクザ:龍一郎×嫁:竜城  1作目と違ってエロ多し。理不尽な理由でカフェを首になった竜城。過去を語る龍。そして龍が抗争?がらみで刺されて怪我を負ったりと前巻のライトなイメージより少し極道モノっぽい巻。龍を愛している一方でヤクザに対する嫌悪感を拭えなかったり、こんな生活がずっと続くわけがないと不安になったりと苦悩が続く竜だったが、葛藤や不安を乗り越え龍と一緒に生きていくと覚悟を決めた模様。 それはさておきフードプロセッサーネタはどうなのだろうw巻末石神家の餌付けの図が一番エロいのでは?笑2013/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/547922

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。