講談社青い鳥文庫<br> ラ・メール星物語 ラテラの樹

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

講談社青い鳥文庫
ラ・メール星物語 ラテラの樹

  • ISBN:9784062852449

ファイル: /

内容説明

舞台はラ・メール星、グローブ国。人々に恵みをもたらしていたミラクル・ツリーが枯れ、国じゅうに不安が広がる。少女・シルクは父を失い、国を追われ、秘密の国メリアへと逃亡をはかる……。平和な毎日をとつぜん失う悲しみと怒り、はじめての恋……。なやみ、苦しみながらも運命を受けとめて歩きだすシルク。待望の新シリーズ、スタート!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

25
『パセリ伝説』と世界観を同じくする姉妹編。パセ伝を読んだならこちらも読まなくては、と一気読みしました!グローブ国のいのちの樹・ミラクル・ツリーを守れなかったシルクは、母の助言に従ってメリア国へ。そこにもミラクル・ツリーがあり――?というお話。キーワードは、心のエネルギー・オーマ。自然と心を通わせ一体となることで、人間の本来の力を解放します。前作よりも「心の力を開発し、すべてと調和を保つ」という命題が深く掘り下げられていて、とてもおもしろかったです。まるで心の教材みたい。学びが散りばめられている物語です。2017/12/08

麦茶

7
おぉー、ラ・メール星物語ぃ! パセリ伝説と時系列がきになる。 オーマを大切にするラテラ国…… 青き国って、まさか……☺2020/02/06

☆ぴよこ☆  「クリスマスに絵本を贈ろう・絵本を読もう」「【読メ絵本部】」

4
前作、パセリ伝説と同じラ・メール星の話だけど、別物。すごいなぁとあっという間に読了。続巻を待つ2012/01/06

めりの

3
スピード感があってよかったけど、全体としてはちょっと受け入れがたい感じ。登場人物は好きになれなかったし、展開も違和感を覚える箇所がいくつか。終盤は心動かされるかたわら、冷静に考えるとそれはないんじゃないかなどとと思ってしまった。面白かったのかどうか、正直よくわからない。2015/07/01

HATIMITU

2
小学生の頃に読んだ作者だったのと、絵が好みだったので読んでみた。何年ぶりかの青い鳥文庫が懐かしく、内容も楽しめた。児童書もたまにはいいもんだ。とりあえずシルクが男前。次の巻も読もう。2013/10/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4021577

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。