富士見ファンタジア文庫<br> お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。2

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

富士見ファンタジア文庫
お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。2

  • ISBN:9784040728247

ファイル: /

内容説明

相変わらずのおひとり様至上主義な俺だけど最近、クラスのギャル洞ヶ瀬夢乃からの視線をやたらと感じる(敵意的な意味で)。親睦会の一件が原因らしいが……。好きなこと(ボッチ)に本気になって何が悪い!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まっさん

21
★★★☆ 主人公・ヒロインズ共に悪い印象を受けないのでサクサク読み進めていくことが出来る良作。ヒロインズがいきなり恋愛感情を持ったりせずあくまで友達として好感度を上げていっている様子がとても好ましい。今のところ全ヒロイン同じくらい好きなのでいずれくるであろう選ばれない子が出てくるところに今から落ち込んでる…笑ただ正直これ以上ヒロインズを増やしてしまうと一人あたりのエピソードが薄くなるんじゃないかという心配もある。また口絵に関しては4人いるヒロインのうち1人しか水着シーンがないのに全員分の水着イラストを→2019/09/21

わたー

20
★★★★☆やっぱりおひとり様という我が道を往く姫宮がいいキャラしている。2巻目はギャルっぽい見た目でスクールカースト上位に所属するヒロインの秘密をふとしたことから知ってしまい…というある種、定番なストーリー展開なのに、彼の独自の理論のおかげで新鮮な味わいに。ラストでは、前巻冒頭でフラグをボッキボキにへし折った彼女が再登場。楽しみ。2019/03/16

不自他

16
2018年で1番気に入ったラノベ。続編が出てくれて本当に嬉しい。ラブコメに求める要素がバランス良く揃って今巻も大満足。全体的に、展開やキャラの塩梅が絶妙。ヒロインの等身大の悩み(友人関係・恋愛・バイト)は重くないけど、どうでもよくも無い。主人公は、お一人愛好家だけど鬱屈とせず飄々としてるので作中にマイナスな感情が漂わなくて◎。強引なハーレム恋愛展開では無いので会話劇の楽しさが活きている。でも、(1巻冒頭の)告白ヒロインが再登場して、今後恋愛要素が強くなるのか気になる。次巻も絶対購読。2018/11/22

ツバサ

14
今回は姫宮があまりおひとり様を満喫してなかったかな?周りのヒロイン達に振り回されるのが目立った。これから、姫宮とヒロイン達の関係がどう変化していくのか注目したい。新キャラの夢乃は根がいい子で良かった。この作品、本当に悪いやついないから安心感があります。2019/12/10

真白優樹

14
相変わらずのおひとり様ライフを楽しむ中、秘密を共有したり付き合わされたり、危機が舞い込む今巻。―――一人、それは選ばれし者しか全うできぬもの。 秘密に巻き込まれたり、人間関係の闇を垣間見たり。そんな面倒な事態を春一がとにかく一刀両断し、各人の本質に気づかせ、進むべき道へ帰らせる今巻。ひとりはそんなに甘くない、望んでもいないのに風当たりが強い。そんなおひとり様哲学が炸裂する中でどこかいい話な風が吹く、前巻にも増して更に楽しく、何故か元気の出る巻である。夏の先、新たな問題の行方とは。 次巻も楽しみである。2018/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13207158

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。