モンテッソーリ流「自分でできる子」の育て方 知る、見守る、ときどき助ける

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader

モンテッソーリ流「自分でできる子」の育て方 知る、見守る、ときどき助ける


ファイル: /

内容説明

モンテッソーリ流子育てとは、欧米で実績のある教育メソッド。

この教育を受けた著名な人物としては、オバマ前大統領や、イギリス王室のウィリアム王子、ヘンリー王子、Amazon.com創立者のジェフ・ベゾス氏、Google共同創立者のサーゲイ・ブリン氏とラリー・ペイジ氏、社会学者のピーター・ドラッカー氏、そして日本人では、将棋棋士の藤井聡太氏などが挙げられます。

モンテッソーリ流子育てでは、
・子どもの「敏感期」がどういうものかを知って【→知る】、
・子どもをきちんと観察して【→見守る】、
・子どもに適切に声をかけ、働きかける【→ときどき助ける】、
という教育を行い、子どもの自主性、独立心、知的好奇心を育み、社会に貢献する人物となることを目指します。

「敏感期」とは、生き物が、ある一定期間、特定の能力を開発するために、環境に対して「敏感」になる時期のこと。モンテッソーリ流子育てでは、この時期の親の接し方次第で子どもの才能や能力が決まるとし、「敏感期」を非常に大切な時期と考えています。

本書は、親(特に母親)が、子どもの「敏感期」をよく理解した上で、どのように子どものこだわりに対応し、その子らしさを伸ばすかを、漫画イラストも交えながら、やさしく教えます。