光文社文庫<br> 風の視線(下)~松本清張プレミアム・ミステリー~

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

光文社文庫
風の視線(下)~松本清張プレミアム・ミステリー~

  • 著者名:松本清張
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 光文社(2018/08発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784334774141

ファイル: /

内容説明

心の通い合わない結婚をした奈津井。妻との関係が悪化する久世。亜矢子への思いを断ち切れない2人の男たち。それでも3人は微妙な愛情関係を保っていた。だが、海外に単身赴任していた亜矢子の夫・重隆が帰国したことで、3人の危うい均衡は崩れていく。都会を漂う孤独な男女の愛の終着点は!? 圧倒的な人間洞察力と筆力で、愛の虚無と憂愁を描く恋愛サスペンス!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yomineko

58
上巻から続く。意外な結末。人物描写、心理が凄く手が込んでいてさすが巨匠・松本先生。かなり古い作品ですがとても楽しめました。登場人物、特に女性の言葉遣いがキレイなのが印象的でした。2021/02/04

y_e_d

2
この作品の中に出てくる不倫関係は、男の一方的な勝手さに起因しているもので、今の感覚でみれば時代が違うという思いはあるが、読み物としてはよく描けているなあと、やはり引き込まれて読んでしまった。奈津井と久世が沈んだまま終わらなかったのは意外だったが、千佳子が何故戻ったのかがよく分からずじまいだったし、後半をもっとじっくり書いてくれたらもっと良かった。そこだけが残念。2018/03/14

ハメ・ドゥースト

2
☆☆☆p.64覚悟の上だったのに、千佳子のいない現実が、まだ意識に密着しなかった。p.191日本料理は見る料理だ。箸でくずすのが惜しい。外国人は、日本料理をそのまま持って帰るそうだ。色彩の取り合わせを、これほど心得ている料理は世界中にない。2017/11/05

うぅっ

1
想像していた展開ではなかった、、、(^^;;2017/07/07

くりたろう

0
波の塔に続く恋愛もの2017/11/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11465100

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす