文春文庫<br> 名画の謎 旧約・新約聖書篇

個数:1
紙書籍版価格 ¥979
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
名画の謎 旧約・新約聖書篇

  • 著者名:中野京子【著】
  • 価格 ¥896(本体¥815)
  • 文藝春秋(2018/08発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167905781

ファイル: /

内容説明

「アダムにはないはずの臍が絵に描かれているのは?」「イエスが12月25日生まれとは聖書のどこにも書かれていない!?」「磔刑にされたイエスが見た光景とは?」。旧約・新約聖書に登場する様々なドラマと絵画の世界を深く楽しく解説。矛盾までが絵の魅力となることを解き明かす驚きと教養に満ちた一冊! 人気の『名画の謎』シリーズ文庫化第二弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はたっぴ

113
これまで国内外の美術館を巡り宗教画をいくつも観てきた。クリスチャンの親友に誘われて教会に出向いたこともある。しかし聖書の教えの本質がわからず、歴史や系図もその場しのぎの理解で過ぎてしまった。西洋画の美術展では欠かせない題材なのに…と思っているところで出会えた珠玉の一冊。堅苦しさはなく、砕けた文章に著者の配慮が感じられて自然体で楽しめた。チビ甥っ子は艶々した裸体に釘付けとなり、もう1人はゲームやドラマで知っている名前だと興奮気味。野口氏の解説にもあるが〝面白くてためになる〟この2つの条件を満たす作品だった。2017/05/07

優希

97
面白かったです。宗教画の解説ですが、そこに秘められたドラマ性と世界を掘り下げていて興味深く読めました。日本人には馴染みの薄い聖書の話と絡めながら紡がれる絵にまつわる話に引き込まれます。作者の突っ込みどころもそうくるかというユーモアを感じました。名画の美しさと独特の毒気のある語り口。実際に見た絵もありましたし、聖書の世界を芸術面から見ることで新鮮な気持ちになります。2016/07/22

青蓮

61
旧約・新約聖書を順に追いつつ、西洋絵画を当時の時代背景を絡めながら解説されたもの。こぼれ話つきで平易且つさっぱりとした文体なので、分かりやすく大変読みやすいのが良かったです。面白く読んでいて飽きない書き方でしたね。内容的に浅すぎず深すぎないので初心者向けかも。宗教史や世界史、宗教画を含めた美術史に興味ある方にオススメです。「ダ・ヴィンチ・コード」「バチカン奇跡調査官」が好きな方は好きかもしれません。2018/04/14

17

50
(再読)名画の謎シリーズの聖書篇。この本自体が再読ですし、中野京子さんのこの手の本はたくさん読んでいるはずですが、日本人が苦手と言われる宗教の話をとても面白く読めました。[2016-036]2016/03/25

つーこ

45
家にあったのに何故この本だけ読んでなかったんだろう?と思っていたが、理由がわかった。聖書が難しく宗教画がそんなに好きじゃなかったため途中棄権したんだ!特に旧約聖書。昔過ぎて想像が追いつかないっていうか、理解も共感もむずかしかった。描かれている絵もユーディトとバベルの塔以外は・・。だけど、宗教画に興味ない私でも最後まで(今回は)読ませる中野さんの筆力は本当にすごい。そしてベラスケスの磔刑の神々しさは鳥肌が立ったし、システィーナ礼拝堂で見た最後の審判には感動して涙したことも思い出した。2018/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10411126

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数4件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす