角川スニーカー文庫<br> サマーウォーズ クライシス・オブ・OZ

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader

角川スニーカー文庫
サマーウォーズ クライシス・オブ・OZ

  • ISBN:9784044740085

ファイル: /

内容説明

カズマは電子空間OZで、正体不明のデータを持つマキに出会う。なんの偶然か、マキの本体である真紀もネットカフェの隣席にいて、しかも怪しげな男に襲われていた――OZと現実世界で、2人の逃避行が始まる!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

インド

35
サマーウォーズの3か月前を描く、スピンオフ作品。カズマと新ヒロインがネット世界OZ混乱の危機に立ち向かう!最強バトラーのカズマ(中1)と天然ヒロイン(高3)の恋愛もようは、読んでいて頬が緩くなった。歳の差なんてなんのそら!щ(゜▽゜щ)続きがきになるうう!そして本編作品のキャラクターも随所に登場!サマーウォーズだいぶ昔に見たからとてもなつかし!奈月先輩にもっと出番を!!全体として構成とか結末とかは非常に好みの作品だった。2018/04/21

YO-HEY@紅蓮ロデオ

30
う~ん…カズマスキーには良いだろうね~。カズマ人気に乗っかッた感じ。まぁ、話自体は面白いし…栄ばあちゃんの話は良かったし…照れたカズマは可愛かったし…あれ、感想書いてると結構満足してるじゃん。まぁ、あくまでも可能性の一つ。こーゆー話もアリでしょう!2010/11/25

KEI

19
購入。ノベライズ、原作、スピンオフ小説と、「サマーウォーズ」に関わるのは3作目。いやぁ、満足な1冊だった。時間軸とお話としては原作の前日譚。GWにキングカズマこと池沢佳主馬が巻き込まれたOZの危機。整合性とかは置いておいて、カズマの成長、淡い恋心が上手く描写されていて素晴らしかった。カズマは冒頭と終章では全然別人のようで、まさに「男の子」。困難を乗り越えた彼は自信に満ちていて非常にカッコイイ!TV放送で「サマーウォーズ」を観て興味を持ったなら、一度手に取って欲しい1冊。コメでネタバレちっくな補足。2010/08/14

にゃんころ

17
サマーウォーズのスピンオフ作品。時系列的に映画の前なんですが、やはり映画ありきの部分もありますね。でも、それが良い(笑) カズマは妙に大人びて描かれる事が多いんだけど、この作品は結構子供らしい部分が多くて好印象。この続編として、映画の後くらいのエピソード出ないかな。2010/08/19

もずく

12
映画『サマーウォーズ』では最初、カズマを女だと思っていた私にはとてもうなずきたくなる展開があって何度もありました(笑) 夏希や栄おばあちゃんも登場してて良かった。 KKの正体は割と早めに気付けて、これも良かった。彼もとても活躍しております。ただ、本編でKKとカズマの関係性を思うと、大丈夫かな……ってちょっとは思うけど。まあ大丈夫なのでしょう。もしくは事件後に気づくとか。 まあ、マキとの青春みたいな展開もいいんじゃないかな。これはこれで。 原作者とは違う人が書いたのに、スピンオフににしてはレベルが高かった!2011/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/615687

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす