HJ文庫<br> 魔術破りのリベンジ・マギア4. 絶唱の歌姫と魔女たちの祭宴

個数:1
紙書籍版価格 ¥712
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

HJ文庫
魔術破りのリベンジ・マギア4. 絶唱の歌姫と魔女たちの祭宴

  • ISBN:9784798617060

ファイル: /

内容説明

欧州での事件を解決した晴栄たちは魔女学園に帰還する。折よくセイレムでは収穫祭としての魔女の宴<サバト>を迎えており、学園総出でお祭りの準備中。久々の学生生活でゆっくりできると思っていた晴栄だったが、当然のようにその盛り上がりに巻き込まれていく。ティチュやフラン、露花といったヒロインたちとの学園祭デートに加え、学園の成績優秀者<七虹の魔女(セブン・カラーズ)>とのエキシビジョンマッチまで組まれて、気付けば学園祭の中心に……? お祭りムードでお送りするハイテンションな第4巻が登場!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真白優樹

8
魔女学園に帰還する中、収穫祭のお祭りに巻き込まれ、成績優秀者と戦う今巻。―――闇が再び蠢く中、今この一時は休息を。今までが命がけの死闘の続く激闘の日々ばかり。そんな喧騒から一旦寄り道し、お祭りの場で心から楽しい戦いを繰り広げる今巻。祭りを舞台に晴栄達の心も緩み、それぞれの心を語り、心が近づく。歌姫型の魔女という変わり種も出演したりと更に舞台が盛り上がる中、裏で謎の闇は蠢き次に備えて動き出す。確かに今は休息の時。だがここより先、再び飛び込むであろう戦いの日々に何が待つのか。 次巻も須らく期待である。2018/06/07

尚侍

4
とっても面白かった。エピソード的には閑話休題的な内容で、学園に戻った主人公一行が久しぶりにのんびりするという展開でしたが、新キャラが登場する中で既存のキャラの掘り下げもあったので、今後に向けてのいいエピソードだったと思います。そして最後に大きな伏線が張られたことで、物語がまた一つ大きくなったように感じますので、この調子で進んでもらいたいですね。2018/06/05

くろ

1
もはや、このくらいいい加減なのが今の好みなんだよなぁ。趣味全開だけど、ギリ押しつけがましく感じないのは作者のバランス感覚が優秀だからか2018/07/25

檻の中の象

1
米国、独逸、愛蘭と回って、ようやく米国の魔女学園に戻ってきた一行のお祭りエピソード。このシリーズは出てくるヒロインの子たちが晴栄に向ける好きの形がちょっとずつ違うのが好き2018/06/22

_mogura19

0
陰謀のほうがすすんで、メインキャラの方は楽しく過ごしてたかんじ。2018/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12891337
  • ご注意事項