宮尾登美子 電子全集<br> 宮尾登美子 電子全集6『一絃の琴/母のたもと』

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

宮尾登美子 電子全集
宮尾登美子 電子全集6『一絃の琴/母のたもと』

  • 著者名:宮尾登美子【著】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 小学館(2018/06発売)
  • 爽やかな秋に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~10/21)
  • ポイント 350pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

直木賞受賞作品『一絃の琴』、受賞までの日々を綴った随筆集『母のたもと』を収録。付録は一絃琴の名手が伝統と魅力を語る。

一絃琴は1本の絃を張っただけの簡素な琴だ。土佐では坂本龍馬も嗜み、藩士の習い事とされていたが、『一絃の琴』では幕末から昭和に至る時代の変遷を背景に、一絃琴に魅せられた苗(なえ)と、苗の弟子で才能溢れる蘭子の確執を描く。上梓までに17年もの歳月をかけて磨き上げた格調高い筆致は、直木賞選考でも高い評価を受けた。
『母のたもと』は、宮尾が52歳で直木賞を受賞するまでを綴った随筆集。小説家を志し精進を重ねる宮尾の心情、両親や家業のなかで出会った芸娼妓への思いなどが綴られている。

付録では、『一絃の琴』のモデルのひとりとされる秋沢久寿栄(くすえ)が創設した“正曲一絃琴白鷺会”8代目の代表・森本和子にインタビュー。土佐で今日まで受け継がれてきた一絃琴の歴史や魅力などを語る。

※この作品にはカラー写真が含まれます。