宮尾登美子 電子全集<br> 宮尾登美子 電子全集1『櫂/岩伍覚え書』

個数:1
  • Kinoppy
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

宮尾登美子 電子全集
宮尾登美子 電子全集1『櫂/岩伍覚え書』

  • 著者名:宮尾登美子【著】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 特価 ¥1,058(本体¥980)
  • 小学館(2018/01発売)
  • 寒さに負けるな!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~1/22)
  • ポイント 225pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

宮尾文学の原点ともいえる2作品を収録。付録は檀ふみインタビュー、川村湊の解説、プライベート写真ほか創刊を飾る企画満載!

『櫂』は大正から昭和初期にかけての土佐の花街を舞台にした、自伝的作品。宮尾が恥としてきた家業、生い立ちをモチーフに土佐の風土や気質を織り交ぜながら、練り上げられた文体で情愛を込めて書き上げた。
『岩伍覚え書』は父親の死後に見つかった日記を基に書かれた短篇集で、「三日月次郎一件について」「すぼ抜きについて」「満州往来について」「博徒あしらいについて」の4作品を収録。
付録は、著者と親交のあった女優・檀ふみインタビュー、当全集の監修者でもある文芸評論家・川村湊の解説、特集・写真で見る 高知の今昔、連載・宮尾登美子写真館、高知観光案内、DVD紹介などの企画で人気女流作家の根幹を探っていく。

※この作品にはカラー写真が含まれます。