ガガガ文庫<br> 俺の立ち位置はココじゃない! 2

個数:1
紙書籍版価格 ¥631
  • Kinoppy
  • Reader

ガガガ文庫
俺の立ち位置はココじゃない! 2

  • ISBN:9784094517316

ファイル: /

内容説明

互いの立ち位置を求めた先には……?

無事に六花の称号を手にした公平と光瑠。
しかし、六花代表の道頼から与えられた「じゃじゃ馬姫」と「侍王子」という六花ネームが不満な二人は、それを返上して、共に王子様、お姫様としての立ち位置を獲得するべく、涙ぐましい努力を続けていた。

そんななか、雪峰学園の恒例行事。全校生徒参加で開催される球技大会の時期がやってきた。
道頼と敵対するチームとなった二人は、球技大会で負ければ公平は姫として、光瑠は王子としての六花ネームを強制的に受け容れることになってしまう。

そんなわけにはいかないと、応援団長を任される公平と、それを副応援団長として支える光瑠。
しかし、1年にして六花に選ばれた二人を快く思わない上級生などとの衝突があり、なかなかチームの足並みが揃わない。

はたして二人は、無事にチームをまとめあげ、互いに望む立ち位置を手に入れることができるのか!?
立場入れ替え系ラブコメディ第二弾!!

※「ガ報」付き!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

むっきゅー

17
2巻で終わってしまった。六花のメンバーのキャラごとのエピソードが色々書けそうだったのに残念。ボクは面白いと思うんだけど、少女マンガ風の作風が、ガガガ文庫の読者層とうまくマッチしなかったのかな。でも、公平と光瑠の物語としては綺麗にまとまっていてよかった。次回作期待してます。2018/07/10

中性色

8
日付登録用。感想は後日2019/10/25

真白優樹

6
公平と光瑠が涙ぐましい努力を続ける中、球技大会で名前を賭けて激突する今巻。―――男として、王子として。守りたい者がいるのなら。嫉妬、羨望。当たり前だけど時として暗い色を持つ感情。そんな感情が幾重に重なり、重く炸裂する中で傷つく光瑠。そんな彼女に手を伸ばし、支えるべく一途に一直線な公平。見てくれではなくその心で。自分の想いを前面に押し出し駆ける二人。今はまだ交わらずとも、伝わる心。その心がある限り、いつか王子と姫の物語は幸福な結末を迎える筈だから。どうか、その未来に続きますように。 うん、面白かった。2018/05/21

凍矢

4
今回は、主人公と、相棒の女の子とで、ハッピーエンドになって良かったです。イラストも可愛くて、読んでて、この世界観は、非常に面白いと感じました。頑張れー、二人ともー。2018/05/22

木倉兵馬

3
少女漫画チックなライトノベルで新鮮な印象を受けたシリーズ。今回は球技大会で一波乱、という内容。六花ネームは最終的には決まらなかったのは残念です。一方、これからも彼・彼女のストーリーは続いていくことを予感させる感じの終盤が好印象でした。ところで先程ガガガ編集部ログを見たらこの巻で完結とのことでした……アンケートレターで褒めておいたのですけれども、それだけでは足りなかったのでしょうか……。ファンレターを出すべきだったのかしら……。2018/06/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12807153

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす