MFコミックス ジーンシリーズ<br> 殺戮の天使 7

個数:1
紙書籍版価格 ¥605
  • Kinoppy
  • Reader

MFコミックス ジーンシリーズ
殺戮の天使 7

  • ISBN:9784040698403

ファイル: /

内容説明

B2フロアでレイチェルがグレイに下された判決は彼女が「魔女」で、このビルを惑わす存在というものだった。グレイの裁きにひとり立ち向かうことを強いられたレイの取った行動とは――!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう

6
きになるところで終わってしまった…!ザックを通して自分がどうしたいのか、どうなりたいのか、問われるレイチェル。神父も怪しいけど、どうなんだろ。ザックは何やかんやでほだされてる感はあるけど。先生の知ってる、しられたくないレイチェルの秘密はーーー?小説続刊もはやく、はやくお願いしたい!2018/05/01

さざなみ@モチベ停滞

1
レイチェルにかけられた魔女の嫌疑。魔女裁判が開かれる…。2019/06/02

みう

1
7巻。登録‼レイは一体何者なのだろうか………まあアニメでみているから何でつれてこられたか知ってるけどね?2018/10/14

たみ

1
魔女裁判の開廷。場所に動きがない場面をどのように表現するのか気になっていました。迫力があり、絵にすることでよりエンターテインメントとして楽しめたように思います。2018/05/02

てんとうむし

0
何故BL同人(二次創作)作家に描かせてしまったのか。 8巻の表紙も、ザックが女みたいで気持ち悪くてこの巻で購入をやめてしまった。 公式アカウントで度々漫画のシーンが流れてくるが、特にレイチェルの描き方が酷すぎる。 今までも良くは描かれていなかったが、この先もっと酷いとは。 この作品が好きじゃない、レイチェルは嫌い、ザックは受けにしたい、という考えが滲み出ている。 自分の嗜好とは違うものを描く鍛錬のつもりで霧雨や殺天のコミカライズの仕事を受けたのだろうが、霧雨の時からして失敗しているのが悲しい。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12751147

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。