角川学芸出版単行本<br> 宗教と暴力 激動する世界と宗教

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,728
  • Kinoppy
  • Reader

角川学芸出版単行本
宗教と暴力 激動する世界と宗教


ファイル: /

内容説明

テロ、排外主義、中東情勢の激動、先端科学の急激な発展、揺らぐ死生観。私達の社会を取り巻く「宗教」「思想」の現実とは? それらといかに向き合うべきか。宗教と暴力の難題に挑む宗教シンポジウム書籍化第2弾。

宗教と暴力をめぐる問題は、
社会と人間の本質を衝く

「宗教は人々の平和のためのものだから暴力とは無縁であるはずだ」という思い込みが、いかに儚いものかを、世界の歴史や現代のニュースは教えてくれる。
人々は「神」の名の下に殺し合いを続けてきた。それは、いまも続いている。
 宗教と暴力をめぐる問題は、社会と人間の本質を衝くとともに、われわれがふだんは伏せている感情を衝いてくるのだ。
大胆な発想により宗教と暴力を考える、人気シンポジウムの書籍化第2弾の登場。

●目次
開会の辞

第一部 対論 「宗教は人を殺す思想とどう対峙するか」 (池上彰×佐藤優)

第二部 基調報告

   第一節 「中東の紛争:イスラーム過激派とテロリズムの論点整理」(高岡豊)

   第二節 「信仰があってもなくても、人は人を愛し、人は人を殺す」(石川明人)

第三部 総合討論

   第一節 「宗教と暴力」にどのようにアプローチするか(松岡正剛)

   第二節 パネルディスカッション(松岡正剛・池上彰・高岡豊・石川明人・佐藤優)  

おわりに (池上彰)