GA文庫<br> 魔人の少女を救うもの Goodbye to Fate2

個数:1
紙書籍版価格
¥671
  • 電子書籍
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

GA文庫
魔人の少女を救うもの Goodbye to Fate2

  • ISBN:9784797397024

ファイル: /

内容説明

選ばれなかった男と神に見放された少女。
正邪を超えて、運命に抗う二人の旅に暗雲が立ち込める……。

「わたし、ウィズのことが好き。リーモットもきっと好きになるわ」
次なる魔人の少女リーモットを救うため、新大陸へ渡ったウィズとアローン。行く手を阻むは謎の奇病、妄執の復讐者、そして救世の英雄たち――。
「ウィズ。あなたなら必ずやり遂げてくれるって、信じてたから……」
窮地に立たされても、孤立しても、ウィズは諦めず邁進する。少女たちを救うための困難でか細い茨の道を。
決意を新たに突き進むウィズ。暗い影を落とす英雄アルルクル。相反する両者の行き着く先は!? そして、心優しき魔人の少女リーモットが願った、たったひとつ望みとは……?
神の定めし呪いの運命を乗り越えろ――。世界の裏の英雄譚第2幕!! ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

29
次なる魔人の少女リーモットを救うために新大陸へと渡ったウィズとアローン。しかしアローンが謎の病に倒れ、ウィズが一人でリーモットに会いに行く第二弾。辛い現実に人が信じられなくなりかけていたリーモットと出会い、それでも諦めずにアローンを救ってくれるよう依頼するウィズ。彼らは魔人に選ばれた少女たちを救いたいだけなのに、それを受け入れられない英雄パーティーとの対峙は暗い影を落とすような悲劇にしか繋がらなくて、何が正しく間違っているのか分からなくなってきますが、いつかまたわかり合える日が来るといいんですけどね…。 2018/04/13

むっきゅー

28
二人目の魔人の少女リーモットを救おうとする第2巻。メッチャ面白かったんだけど、救いのない展開がつらい。幼馴染みの勇者・アルが、一方的な正義感を押し付けて、神の名のもとに無抵抗な魔人の少女を虐殺するシーンは、純粋に嫌悪感を感じた。人として最低なパーティーメンバーすらもドン引きする展開に、ボクのヘイトもMAXだよ。ウィズとアローンが幸せになるラストが訪れるのだろうか。とりあえず、勇者パーティーは地獄に落ちるべしっ!かーーっ、ぺっ2018/09/11

やまと

13
次なる魔人の少女リーモットを救うために奔走するウィズとアローンの旅路を描いた第二巻。どんな状況でも微かな光を掴もうとするウィズとアローン、魔に侵され夢や希望を奪われながらも大切な人の為に祈り続ける誰よりも優しい心を持つリーモット、そんな彼らの心を理解しているからこそ本巻ではアルルクルの危うさが浮き彫りになった様な気がします。とはいえそもそも英雄御一行の行いは世間一般的に見れば正しいと言えると思うんだけれど、双方にとって救いのある展開になってほしいと切に願います。2018/05/06

くもり

13
すごく良かった。やるせない思いばかりする物語なんだけどね。弱くて傷ついて悔しい思いをしても何度だって誰かのために行動するウィズや、どんなに体が不調でも誰かを救おうとするアローン、そして犯した罪を抱えながらも前へ進もうと決めた兄妹と、彼らの生き方に惹き付けられてしょうがない。英雄様たちにはヘイト溜りすぎて登場すると歯ぎしりするレベル。続きはどうか救いを。2018/05/01

ぶなぶな

11
禁忌に触れ生き長らえたウィズとアローンが2人目の魔人の少女・リーモットを救うべく動く第2巻。面白かったです。英雄アルルクルが一番病んでて危ない人でした。兄と本音で向き合うことも叶わず、最後まで誰も傷つけることなく命を散らしたリーモットが無念でならない。誰よりも優しい少女なのに。世界を滅ぼすという魔人より、世界を守る使命感や禁忌への忌避感の方がよっぽど判断を狂わせるんじゃないかと思います。最悪の危機に直面したところで終わりめっちゃ続きがほしい。ウィズとアローンが心穏やかに暮らしていける日は来るのでしょうか。2018/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12748388
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす