健康ライブラリー<br> 発達障害の親子ケア 親子どちらも発達障害だと思ったときに読む本

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

健康ライブラリー
発達障害の親子ケア 親子どちらも発達障害だと思ったときに読む本

  • 著者名:宮尾益知【監】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 講談社(2018/02発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

子どもの受診をきっかけに、親も発達障害だったとわかるケースが増えています。親が支援を受け、安定して暮らせるようにならなければ、子どもは混乱し家族関係が悪化します。「親子ケア」とは発達障害の親と子を中心として家族全員が支援を受けることです。本書では、家族療法や夫婦カウンセリングで家族全員の協力体制をどのようにつくっていくか、症例ごとに対応策を徹底解説します。

目次

まえがき
事例で学ぶ 親子の発達障害への対応
1 なぜ「親子ケア」が必要なのか
2「家族療法」で関係悪化を防ぐ
3「夫婦カウンセリング」も効果がある
4 がんばることに疲れたら、ちょっと休む