GA文庫<br> ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか13

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader

GA文庫
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか13

  • ISBN:9784797393569

ファイル: /

内容説明

「【破滅の導き手】……【約束されし妖精】……エルフ? 【疾風】のこと?」
18階層の宿場街にもたらされる殺人の凶報。犯人は黒表の賞金首――【疾風】。
耳を疑うベル達がリューの容疑を晴らすべく、彼女の行方を追い始める中、カサンドラは『最悪』の予知夢を見る。
告げられし十七節の予言。
予言の成就は大切な者達の『死』。
絶望に打ちひしがれる悲劇の予言者は、破滅に抗う孤独の戦いを始める。
そして真相を追う少年が、黒き復讐の炎に焼かれる妖精と邂逅を果たす時、かつてない【厄災】が産声を上げる!
これは少年が歩み、女神が記す、──【眷族の物語<ファミリア・ミィス>】── ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

66
ベルとリューたちの前に、かつてない災厄が姿を現わすシリーズ第十三弾。発売延期で溜まっていたフラストレーションが一気に吹っ飛んだ。そんなド級の面白さを誇る今回。カサンドラが予知夢で見た破滅の正体であり、アストレアファミリアを壊滅させた怪物ジャガーノート。絶望の象徴とも言えるジャガーノートとベルの死闘にはただただ圧倒させられた。英雄譚とはまさにこの事。この緊張感と圧倒的な熱量そして怒涛の展開、これがあるからダンまちを読むのはやめられないんだよな。ラストが気になって仕方がない終わり方やったし、次巻早く読みたい。2018/02/15

よっち

66
18階層の宿場街にもたらされた殺人事件の犯人は「疾風」。リューの容疑を晴らすべくベル達が彼女の行方を追い始める中、カサンドラが最悪な予知夢を見てしまう第十三弾。疾風討伐が提案される状況で自らが夢に見た破滅を懸命に回避しようとするカサンドラ、彼女を信じて追うベルたちによって明かされてゆく今回の事件を巡る悪意、そして五年前の事件の真相と悪夢をもたらした災厄の再来。かつてないほどの凄惨な殺戮劇と絶望しか見えない戦いでしたけど、そこからさらにどうしようもないところまで突き落とされるとかどれだけですか。続刊早く! 2018/02/13

59
絶望感が半端無い。「主人公が死亡で終了⁉️」って思う位に濃い。2018/09/21

チェシャ猫

44
だんだん他のメンバーとのレベル差が広がり、パーティ組むのが難しくなるだろうなとおもったけど、まさか、こういうふうに分けるとは・・・。 この2つのパーティは無事にもどれるだろうか。 というか、ベルパーティ、下層に行きすぎ・・・・2018/11/22

まるぼろ

42
18階層にて起きた殺人の容疑者として挙げられた「疾風」…リューの容疑を晴らす為に討伐隊と共にリューの行方を探す事にしたベル達だったが、その直前にカサンドラはある予知夢を見て…と言うお話です。今巻もとても面白かったです。カサンドラの予知夢に何処かミスリードがあるだろうとは思っていましたが、まさかあんな形で現れるとは…。ベルもジャガーノートとの戦いで一時はどうなる事かと思いましたが、マリィは大活躍でしたね。→2018/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12616106

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数17件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす