MF文庫J<br> 俺もおまえもちょろすぎないか【電子特典付き】

個数:1
紙書籍版価格 ¥638
  • Kinoppy
  • Reader

MF文庫J
俺もおまえもちょろすぎないか【電子特典付き】

  • ISBN:9784040696782

ファイル: /

内容説明

付き合ってください!――少しでも“いい”と思ったらすぐに告白してしまう少年・星井出功成。そんな彼の前に一人の少女が現れる。初鹿野つぶら――彼女は、超がつくほど生真面目な性格で、どんなことでも真正面から受け止めてしまう子だった。誰にでも告白するナンパ男と思われている功成のことも、何か理由があるのだろうと一つ一つきちんと話を聞いてくれて……「好きだ!」そんな彼女に“俺のことを理解しようとしてくれた”と感動した功成は、すぐに告白! 対するつぶらは「私で喜んでもらえたのが嬉しい……この気持ちを理解したいのでもっと教えてくださいっ!」と、なんと付き合うことに!? 2人の恋路はまるで転がり落ちるように進展して――いく?
【電子特典!書き下ろし短編付き】

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

49
少しでもいいと思ったらすぐに告白してしまう高校生星井出功成。そんな彼がどんなことでも真正面から受け止めてしまう真面目な中学生初鹿野つぶらと出会い、お付き合いすることになるラブコメ。いちいちきちんと向き合ってくれるつぶらにどんどん惚れてゆく功成と、彼の想いに戸惑いながらも応えようとするつぶら。それぞれの行動原理には理由があって、惹かれてゆくがゆえに向き合わざるをえない本質的な問題もあって、少し引っかかるところもありましたが、誠実に向き合う不器用な二人の甘い物語として見るとなかなかぐっと来るものがありました。2018/01/23

まりも

46
少しでも"いい"と思ったらすぐに告白する少年の前に、超がつくほど真面目な少女が現れる事で始まる恋物語の始まり始まり。チョロい少年とチョロい少女によるごく甘のラブコメをとくとご覧あれ。最初から最後まで糖度たっぷり、そんなイチャイチャを堪能できる今作。初々しい2人のやりとり、生真面目な初鹿野が頑張る姿が可愛らしすぎてニヤニヤが止まりません。日々のやりとりの中で少しずつ距離が近づいていき、やがて好き合う。めこのベッタベッタな王道展開の魅力を最大限に活かしたいい作品ですね。こういうラブコメは超大好物。2018/01/27

スズ

42
超絶惚れっぽい高校生の功成と、超絶お堅い委員長の後輩中学生つぶらが男女交際を始める学園ラブコメ。功成の告白につい勢いで「はい」と返事をしてしまったつぶらが、次第に先輩への恋愛感情が芽生えていく展開が可愛らしく微笑ましく描かれていて、生クリームたっぷりのパンケーキを口一杯に頬張っているかのような甘さにやられる。学校の皆は知らない彼女の可愛らしい一面や笑顔にメロメロになりつつも、彼女を大切にしたいと傷付けないように頑張る功成と、「わ、私も先輩を大切にしたいんです」と先輩との恋に一生懸命なつぶらも良いですね。2020/05/31

ラノベの王女様

39
気に入った異性に手当たり次第告白を繰り返しながらも振られ続けていた少年が、生真面目な後輩の少女に告白を受け入れられて始まる甘い甘い物語。―――この甘さ、人類未体験の領域。主人公とヒロインが顔合わせしたかと思ったら、その日の内に交際が成立するという、激甘だとかちょろインだとかそんなレベルを遥かに超越する糖度。最初は交際に消極的だったにもかかわらず、主人公の情熱的なアプローチで交際を再開してくれる健気さったら、もう最高!JCってこんなにも魅力的な属性だったのかと新たな発見をさせてくれる良作。次巻も楽しみだわ。2018/01/24

もも

38
ちょろい少年と少女の不器用な恋模様、糖度高めで楽しめました♪真面目で真っ直ぐなJCヒロインのつぶらちゃん、めちゃめちゃ可愛かったです(*^^*)とにかく癒されました。付き合い始めてから髪型を少しおしゃれに(校則に違反しない程度に)したり初デートに気合い入れたり、可愛いすぎるっ!幼馴染や妹の立ち位置も良かったです♪この作品、不器用ながらも2人の距離が近づいて、恋を知っていく…ってのがとても良い(^ ^) もっといちゃいちゃを見ていたい!!2018/02/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12554161

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。