メディアワークス文庫<br> ノーブルチルドレンの愛情

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

メディアワークス文庫
ノーブルチルドレンの愛情

  • 著者名:綾崎隼【著者】/ワカマツカオリ【イラスト】
  • 価格 ¥671(本体¥610)
  • KADOKAWA(2018/01発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784048868075

ファイル: /

内容説明

そして、悲劇は舞い降りる。美波高校の『演劇部』に所属する舞原吐季と、『保健部』に所属する千桜緑葉。心を通い合わせた二人だったが、両家の忌まわしき因縁と暴いてしまった血の罪が、すべての愛を引き裂いていく。彼女に心を許してしまいさえしなければ、眩暈がするほどの絶望も、逃げられやしない孤独な永遠も、経験することなどなかったのに。琴弾麗羅の『告別』が、桜塚歩夢の『断罪』が、千桜緑葉の『愛情』が、舞原吐季の人生を『残酷』な未来へと導いていく。現代のロミオとジュリエット、絶望と永遠の最終幕。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

た〜

62
緑葉の性格から彼女がやろうとしていることは頭首になることが運命づけられた時点で予想はついたけれど・・・いや〜、緑葉すげー。そこまで現代のロミオとジュリエットに徹しますか。それから麗羅の「明日、手始めに米原吐季を殺してやるよ」には痺れた。ただ物語とは直接関係ないけど民法が変わったという件だけは不満2012/09/25

夢道場

61
完結編、高校時代からまさか20年近くの時間経過するとは、しかも主役の一人緑葉が後半300ページ位まで全然出てこなくひたすら吐季の苦悩の日々が続く、どうゆう結末になるかが気になって後半は一気読み。2014/11/08

dr2006

59
「これが緑葉の愛情なんだ。」とても良かった!結局、このシリーズ4巻通しで一気読み。特に起承転結の「結」であるこの最終巻は、不可逆的に展開した様々な思いや事象が丁寧に回収され、見事に結ばれている。シリーズの一気読みは初めてだったが、ストーリーや登場人物の心の動きを忘れずに読めるという利点があるし、壮大な作品の結末の秀麗さをより深く感じられると思った。作者のあとがきによれば、このシリーズは助言により再構成されたとあり、リンクする花鳥風月シリーズを読み直したいと思った。スピンオフ短編集「追想」も是非読みたい。2018/06/28

美羽と花雲のハナシ

57
舞原家と千桜家の因縁。麗羅の復讐の果て。歩夢の秘められた想い。緑葉から告げられた別離。残された吐季が抱える虚無。抗えぬ血によって、悲劇の連鎖によって、二人の恋が。長い長い孤独。その孤独から生まれた無数の苦しみと痛みは吐季を堕落させ光のない暗闇に突き落とす。季節は絶え間なく巡り、周りは絶え間なく変化する。時間に、人に、世界に忘れ去られた時。「吐季。あたしと結婚しなさい」自分の抱えた絶望は一体何だったのか。その笑顔と自信に溢れた顔に救われてゆく。ジュリエットより千倍強い彼女は、祝福と希望と愛情の込めた接吻を、2013/05/08

Yobata

54
歩夢の犯いを知った緑葉の選択とは、吐季との別れだった。いつかは戻ってくるだろうと心の淵に思うも次々に突きつけられる別れの意思。その絶望の日々に舞原本家からもさらなる仕打ちが来て…。吐季の「残酷」だったの日々に、麗羅の「告別」が,歩夢の「断罪」が,そして緑葉の「愛情」が与えた吐季の未来とは…?ノーブルチルドレン最終章。壮大な愛と感動の物語だったね。誰もが優しく互いを想っていたものの血の因縁により運命を捻じ曲げられ悲嘆にくれるものの諍い続け勝ち取った先の未来はハッピーエンドで本当良かった。空港で別れてからの→2015/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5389555

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。