竹書房文庫<br> NIGHTS OF THE LIVING DEAD ナイツ・オブ・ザ・リビングデッド 死者の章

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader

竹書房文庫
NIGHTS OF THE LIVING DEAD ナイツ・オブ・ザ・リビングデッド 死者の章

  • ISBN:9784801912731

ファイル: /

内容説明

本年(2017年)7月16日に逝去したゾンビ映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ
あらゆるポップ・カルチャーに影響を与えた『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』
あの日、あの夜、他では一体何が起こっていたのか──
総勢19人のベストセラー作家がゾンビ映画の原点に挑む!
ロメロの遺稿となったゾンビ小説も収録!
★日本版には各作家によるロメロ追悼文を特別収録!

◆序文より
本書『ナイツ・オブ・ザ・リビングデッド』の物語はいずれもオリジナルで、ここでの発表が初お披露目となる。楽しく、恐ろしく、切なく、思慮深く、愉快で、感動的で、奇妙で、胸をざわつかせる多彩な内容だ。おそらく読者が期待している通り、どれも、ジョージ・A・ロメロとジョン・ルッソがおよそ五十年前に創り出した世界観に沿っている。私のようにこのジャンルの筋金入りのファンであろうが、ゾンビ初心者であろうが、たまたまお気に入りの作家の名前に惹かれてこのページを開いただけであろうが、誰でも歓迎する。不気味な世界への扉は開かれた。この世の終わりにようこそ。──ジョナサン・メイベリー

◆追悼文より
ジョージ・A・ロメロは“生きる屍”の父と言える。『ウォーキング・デッド』『バイオハザード』『ワールド・ウォーZ』は、1968年に製作された画期的な作品『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』なしでは存在しなかった。ロメロは現代にまで引き継がれるゾンビのスタンダードを作り上げた。彼の計り知れない貢献を認めないで、現代のゾンビについて論じることはできない。──トニー・ティンポーン[『ファンゴリア』誌 名誉執筆者]

【収録作品】『死者の章』
序説:ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/ジョージ・A・ロメロ
まえがき ~朽ちかけた映画館での奇妙な少年の回想~/ジョナサン・メイベリー
デッドマンズ・カーブ/ジョー・R・ランズデール
スーという名のデッドガール/クレイグ・E・イングラー
ファスト・エントリー/ジェイ・ボナンジンガ
この静かなる大地の下に/マイク・ケアリー
ジミー・ジェイ・バクスターの最後で最高の日/ジョン・スキップ
身元不明遺体/ジョージ・A・ロメロ
安楽死/ライアン・ブラウン
軌道消滅/デヴィッド・ウェリントン
乱杭歯/マックス・ブラリア
灼熱の日々/キャリー・ライアン