新潮新書<br> 誰も知らない憲法9条(新潮新書)

個数:1
紙書籍版価格 ¥858
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

新潮新書
誰も知らない憲法9条(新潮新書)

  • 著者名:潮匡人【著】
  • 価格 ¥858(本体¥780)
  • 新潮社(2017/07発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 210pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784106107252

ファイル: /

内容説明

本当に憲法9条を読んだことがありますか? それは本物の憲法9条ですか? はっきり言いましょう。そんなはず、ありません――挑発的な文章から始まる本書は、これまで論じられなかった視点を提起する。「日本国憲法は平和主義なのか」「教科書はどのように偏向しているか」「自衛官はどう考えているか」等、護憲派も改憲派も、総理も共産党も目からウロコ間違いなし。まったく新しい「9条」入門の誕生。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

那由田 忠

18
戦前に内相を務めた祖父を持って5代続けて軍関係者という家系の著者。現憲法の原本と旧現法とを比べて貧相なことを指摘したり、天皇の上諭(朕が「日本國民の總意に基づいて・・・これを公布せしめる」)があるのに、押し付けとなぜ言えるのかと反論しながら、各出版社が勝手に見出しを付けることなどを批判して、ある意味変わった視点で面白い。自衛官が、駐在武官として大使館へ行き、勲章のないことで恥ずかしい思いをすると書きながら、自衛隊明記が必要だと述べる。気持はよくわかるけど・・・ね。2019/03/23

ネトマヨ

15
「昭和二十九(1954)年七月一日に自衛隊法が施行されたとき(つまり自衛隊が正式に発足した日)に、『法的に一種の革命があったとみることができる』。そう言ってよいなら『八月革命』の九年後に『七月革命』が起きた、とみることができる。---私は半分以上、本気でこう書いています。」 八月革命説を所与とするなら、上記のようにも言えるんだと。しじょうに示唆にThomas。護憲派だけでなく、改憲派にとっても、実は現状固定に利益があるという、拳法窮状産業セクター状態になっていないことを祈るばかりです。2020/05/08

いちろ(1969aMAN改め)

5
ストレートに憲法の改正が必要であることの事情を解説します。その前に如何に戦後の憲法教育がなされてきたのか。そもそも憲法には前文はなく、法の体裁もとれていない。感情的でない、と読むか、自衛官でおられた経歴から十分感情的だと読むか。九条に限らず、憲法を考える良い助けとなりました。大事なのは基本的人権と国民主権かな。国民(自衛官含む)の安全と人権を考えれば、自ずと九条は見直せる。という考えにいたりました。…反対という立場の良い本は無いのか?2017/10/11

makio37

5
タイトルに期待して読み進めると、"本物の日本国憲法には見出しが無い"とか"歴史的かなづかいで書かれてある"とか、枝葉末節の指摘が続き呆れた。ヌエ的な仮面を捨て保守改憲論者としての主張を前面に出してきた中盤以降も、ツッコミどころは満載であった。「イラク復興支援」の対応が「パーフェクトゲーム」だったとは思わないし、著者が唯一擁護する育鵬社の教科書の方がやはり偏っているように感じてしまう。とは言え、自衛隊をどうするのかという問いは重要であるし、本書もそのきっかけにはなると思う。2017/08/26

nabebe

4
「自衛隊を明記する」いわゆる安倍氏と同じ改憲案を唱える。最近読んだ本が自衛隊合憲論を唱えるものだったのでう~ん混乱。そもそも、自衛隊の子供が、、論って何かと無理ある気がする。そこまで子供は親の仕事に関して気にするものかと自身の経験上疑問に感じる。押しつけ憲法論は一考に値するかも。もっと勉強せねば。2018/10/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12044346

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。