オーバーラップ文庫<br> 10年ごしの引きニートを辞めて外出したら 4 異世界の現実は厳しいようです

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

オーバーラップ文庫
10年ごしの引きニートを辞めて外出したら 4 異世界の現実は厳しいようです

  • ISBN:9784865542257

ファイル: /

内容説明

10年ぶりに家から出た北条雄二は、家の敷地を守る謎バリアを強化するために王都へと旅立った。仲間とともに道中で襲撃してきた盗賊団を討伐し、順調に旅を続けるユージ。そしてたどり着いた王都で、謎バリア強化の鍵を握る貴族と会うことになるのだが――貴族はなんとアリスの生き別れの祖父だった。アリスの祖父の協力を得たユージたちは屋敷に招待され、慣れない貴族の暮らしぶりに戸惑いながらも謎バリア強化の実験を開始する。ところが誰も予想していなかった実験の結果に困惑することに……。どうやら謎バリアの秘密を解き明かすことが、異世界から日本へ還る手がかりになるようで!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

13
アリスが住んでた村を襲った盗賊を討伐して、生き残りの狩人とアリスの兄を救出する。 衰弱してる2人を治療しつつ王都へ到着し、行商人が修行した大店に行くとアリスの母側の祖父(公爵)がおり兄妹が初めて祖父との面会を果たし、その祖父が魔導の専門家でもあり謎バリアの強化の相談をする事になる。 そこで発覚する魔素が多い処に魔獣は集まる性質があり開拓地は常に魔獣に襲われる危険性がある。実際急いで帰るとドラゴン、ワイバーンを含め魔獣の大群が襲ってる真っ最中だった。 話的には急展開、更に帰れる可能性も出てきた。2019/10/25

fap

3
異世界ものはファンタジーフィクションであるからして、整合性を取ることにそんなに汲々としなくても良いと思うがどうか。 足りないものは補えばいいじゃない、とばかりに自宅の復旧が進む話。 人脈は大事である。 家族も大事である。 元の世界と今の生活のどちらがいいか、主人公の中では決定した模様。 多分その答えは読者のみんなが知っている。 2018/01/06

1
2020/03/08

タタリ

1
星★★★ ここで元の世界に戻れる可能性を提示してきたか!しかし挿絵のユージあまりに貧相に描きすぎではないか。2018/04/16

加賀ますず

1
うーんこの……。ヒキニートがうだうだしながらも少しずつ前進していく人間成長異世界物語第5弾。いよいよ登場キャラも増えてきて見えるキャラ造形の安っぽさ。台詞に深みもなく背景描写も殆どされないままのキャラが多く、上手く読者側でキャラクタを捉えることができないままフワフワと主人公の周囲に人物が増えていくため、読書中謎の疎外感を覚える。読者は無意識の内に主人公と自分を重ね合わせることがあるので、その繋がりが作者によって断たれたことによるものと思われるがその意図は全く見えず、単純に作者の力量不足を疑わざるを得ない。2017/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11997985

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。