ファミ通文庫<br> 女神の勇者を倒すゲスな方法2 「返事がない、ただの聖女のようだ」

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader

ファミ通文庫
女神の勇者を倒すゲスな方法2 「返事がない、ただの聖女のようだ」

  • ISBN:9784047346796

ファイル: /

内容説明

勇者を撃退し、平和な日々のなかシンイチは魔族たちと畑作りを進めていた時――魔王城を狙って放たれたのは最上級の光魔法『聖光奔流』。街一つを壊滅させる攻撃を放った相手は、“聖女”と呼ばれる新たな勇者だった! 魔王に頼まれさっそく勇者攻略に乗り出すのだが、神官戦士に囲まれシンイチの甘言にも耳を貸さない聖女はまさしく難攻不落。そこでシンイチは、魔王の娘リノに協力を要請するのだが……。大好評の異世界勇者攻略譚、第2弾!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

25
聖女の計画を邪魔するために、リノがアイドルになる⁉︎なシリーズ第二弾。いやいや、聖女そっちに惚れるんかーい。リノちゃんの天使っぷり、そんでもってシンイチのゲスっぷりは健在で今回も安定して面白かった。聖女と対比させる事で、リノの可愛さをより際立たせ、シンイチのゲスさをマイルドにさせるだけじゃなく、肝心の聖女を落とす内容にも一工夫があったりと、1巻の時以上に楽しませてもらいました。前回足りなかったリノ成分を今回で一気に補給できた気分。スカッとする読後感といい、やっぱりこの作品いいね。2018/04/17

わたー

15
★★★★★リノちゃんが天使過ぎて生きるのがツラい。ヒューブを退けたのも束の間、「聖女」と呼ばれる新たな勇者の襲撃を受ける魔王軍。教会によって幼い頃から洗脳された人造の聖女には、チョロ可愛いアリアンの時のような手は使えない。さてどうするのかと思っていたら、まさか神兄様の教えに従うとは…また、聖女と対比させることで、よりリノちゃんの可愛さが際立っていたように思える。今回は危うく一線を越えそうになったが、リノちゃんがしっかりとストッパーになっていてくれる限り、この爽やかな読後感は変わらないだろう。2017/06/01

真白優樹

11
新たな勇者である聖女を打ち倒す為、リノをアイドルに仕立て上げる今巻。―――アイドルよ 古き偶像 越えていけ。下種な手を使う敵はどうしますか、真の下種で地獄を見せなさい。大切な人を傷つけられた真一の悪魔的狡知と、無垢故のリノの純真さが共鳴し響き渡る今巻は、再び下種な者共相手に策で無双し、その果てに人間の世界に楔を打ち込む、その展開が心躍らせ心に清涼な風を吹き込む、更に高みへと昇った面白さが示される巻である。人と魔族の融和は為るのか。今回怒りと殺意を見せた真一の勇者打倒の次なる一手とは。 次巻も楽しみである。2017/06/01

ラノベの王女様

11
司教を撃退して平和な日々を謳歌する中、新たな勇者の襲撃を受ける今巻。―――目には目を。偶像にはアイドルを。今度の敵は難攻不落。絶大な権力、敬虔な取り巻き、徹底的に刷り込まれた信仰。どの角度からも付け入る隙のない聖女を、一体どんな方法で打ち倒すのか。これが非常に面白く、随所に伏線が散りばめられていて、真一の慧眼と悪魔的手法にただただ驚くばかり。またこの巻では真一の過去についても触れられてて、かつての悲劇をきっかけに科学者を志した経験があると明かされるわ。蘇生させたかった子供とは誰なのか。次巻も楽しみだわ。2017/05/27

リク

8
くっそ! リノちゃんマジ天使すぎる! ゲスを持ってゲスを制す。今回の敵はシンイチに引けを取らないくらいゲスだった。女神教ヤバイ。もしかしてヒューブは女神教ではかなりまともな分類だったのでは…。 リノちゃんメインで、前回の出番の少なさを晴らすかのように輝いてた。誰にでも分け隔てなく接するその姿はまさに天使。リノちゃんはゲスな奴らに囲まれても純粋なままでいてほしいと願うばかりである。 物語はシンイチのゲスな策が見事に嵌まっていく爽快感が堪らない。 あとここで落とし神の御言葉を聞けるとは思わなかったので嬉しい。2017/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11775544

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。