小学館文庫<br> 長谷川平蔵人足寄場 平之助事件帖2 決意

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader

小学館文庫
長谷川平蔵人足寄場 平之助事件帖2 決意

  • 著者名:千野隆司【著】
  • 価格 ¥671(本体¥610)
  • 小学館(2017/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

人足寄場が舞台の時代小説、待望の第2弾!

 小塚原刑場で、盗賊乙兵衛と捨十、鉦七の情婦お駒の処刑が行われた。逃げ延びた首領鉦七は、平之助と人足寄場に入った癸助への復讐を誓った。
 その頃、江戸の町を嵐が襲った。人足寄場では、土嚢を積み準備していたが、高潮と強風で甚大な被害を被った。一部の人足は、三日間の解き放ちで命を掛けて船で江戸に戻ったが、そこには癸助と辰次郎もいた。運良く生き残った二人。癸助はお久邇の店で働いている妹のトミの行方を捜した。
 いち早く、人足寄場に米三俵や必要な物資をもって見舞いに来たのが病身の長谷川平蔵だった。平之助は、伯父の長谷川平蔵の意見に従い、人足寄場復興のために町年寄の三家を回って資金を獲得しようとする。
 お久邇、左吉と一緒にクニが寺に避難しているのを知って訪ねて行った癸助と辰次郎だったが、襲われた鉦七は、腹を刺されて辰次郎の知り合いの所に身を寄せる。
 そして、トミが男にさらわれた。
 調べをすすめる平之助は、トミの居場所を突き止め、今度こそ鉦七を捕まえようとするのだが。
 著者渾身の時代小説シリーズ、第2弾!