GA文庫<br> ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

GA文庫
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ファミリアクロニクル episodeリュー

  • ISBN:9784797390803

ファイル: /

内容説明

≪シリーズ累計発行部800万部突破!!≫

それは神の眷族が紡ぐ歴史の欠片(クロニクル)――。

「アンナ・クレーズを買い取ったのは、『大賭博場(カジノ)』の人間です」
腕利きの元冒険者リューが働く『豊穣の女主人』で今日も騒動が起こる。
とある夫婦の一人娘がさらわれたことを知り、正義(アストレア)の名のもとに調査を開始するリュー。
その先に彼女が辿り着いたのは――迷宮都市の治外法権、大賭博場。
人の欲望が渦巻く黄金の都で【疾風】の轟きが巻き起こる!

「お前達、声を出しな! ここは笑って飯を食べてもらう場所さ!」
そして少女達が酒場に集う始まりの物語も収録!

ダンまちの世界を補完するクロニクル・シリーズ第一弾、始動!

※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

63
ダンまち外伝シリーズのリュー編。カジノを舞台にリューが活躍する話。ダンまちといえば主人公のベル君だけじゃなく、サブキャラたちも非常に魅力的な面子ばかりですが、その中でもリューはかなり好きなキャラなのでこうして活躍する姿を見ることが出来て大満足。本編ではサブキャラの掘り下げは難しいから、こういう外伝形式でキャラの魅力を底上げしてくれるのは嬉しいサービスですね。特に後半のエピソードは意外な繋がりが見えたりして非常に良かった。次のファミリアの物語はどうなるのか。本編と外伝、両方楽しみに待ってます。2017/03/15

よっち

61
働く『豊穣の女主人』でとある夫婦の一人娘がさらわれたことを知った腕利きの元冒険者リューが、調査をするうちに迷宮都市の治外法権・大賭博場にたどり着くクロニクル第一弾。リューとシルの二人で乗り込む大賭博場での大活劇や彼女と『豊穣の女主人』の出会い、そして『豊穣の女主人』の背景も少しだけ語られつつ、店で働く女の子たちについても掘り下げられていて、彼女たちがそれぞれの信念のもとに戦うその姿に、この作品に登場するヒロインたちがなぜ魅力的なのか改めて納得する思いでした。こういう外伝は大歓迎なので今後も期待しています。2017/03/13

わたー

54
★★★★★web上で連載されていたリューさんメインの中編に、リューさんが豊穣の女主人で働くきっかけとなった出来事を描いた中編を加えて文庫化。まさにリューさん尽くしの内容で大満足だった。ここまでフューチャーしたのなら、そろそろヘスティアファミリアに加入してもいいんじゃない?と思うぐらい。本編では明かされていなかったミア母さんの素性や、店員たちの過去が読めたのもグッド。このスピンオフもアニメ化すればいいんじゃないかなというクオリティだったので、2巻も楽しみだ。2017/04/26

まるぼろ

38
ダンまちの新シリーズ、その初巻はリューさんを中心とした「豊穣の女主人」の店員さんのお話となっていました。今巻もとても面白かったです。前半の「グラン・カジノをぶっつぶせ!」はまさしくリューさんとシルが活躍するお話で、リューさんの強さとシルのしたたかさが存分に味わえるお話となっておりました。それとベル君の幸運も…w シルの正体に関してはズバリご本人そのままか、それに類する方なのか…と言った感じになってきてますが、そのうち本編なりで正体を明かす時も来るのだろうと期待しています。また意識しないようにして居ても→2017/08/20

ナカショー

37
リューが主役のダンまち外伝。カジノを舞台に攫われた少女を取り戻すために波乱を起こす話と、シルとの出会いを描く話。そして、豊穣の女主人で働く他のキャラ達の過去を描く話の計3本。豊穣の女主人で働く他の従業員も一癖あったりしたけど、何よりミアお母さんの強さの秘密がわかったりして読んでて楽しかったです。次巻または本編、もしくはソードオラトリアも楽しみです。2017/04/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11452106

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。