YA! アンソロジー 14歳

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,045
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

YA! アンソロジー 14歳

  • ISBN:9784062695077

ファイル: /

内容説明

大人の世界の足音を聞く14歳の、もどかしい気持ちを描いたアンソロジー!小林深雪/『さよなら十四歳の夏~夏葉と春人』夏葉は今でこそ、学級委員長として輝いているけれど、小学校までは地味で、目立たない女の子だった。勉強もおしゃれも人づきあいも必死に努力して、せっかく中学生デビューをはたしたのに、いちばんふり返ってほしい山下春人は、地味なままの久保田千湖のことばかり気にしているみたい。どうして?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あかつき号

9
14歳。まぶしいなぁ。自分の14歳は、なーんも考えず、けたけた笑っていたような気がする。目の前の14歳息子は、日々追われながらも、自分のペースで生きている。可能性に満ちている、と思うのは大人のエゴにも思える。それでも、14歳の明日の扉は輝いて見える。それでも、54歳の明日の扉もなかなかいかしてると思うのよ。2017/03/04

ぴょこたん

5
市川さんのだけ読む。「リコリス糖」。転校生の14歳男女の切ないお話。リコリスって、あのフィンランドの不味い飴のことかしら?調べてたらやっぱりサルミアッキのことだった!美味しいのか?という思いが先立ってしまったw でも色は好き。お話は普通だったな。2019/05/15

小川欄@宿題テストが…(-_-;)

5
人気者も辛いことがよくわかる作品でした。2016/12/01

はるちゃん

2
「リコリス糖」が一番良かった。おもしろい。2020/12/09

もか

2
【図書館】14歳の少年少女を主人公にした短編集。どれもかなり良かったです。このシリーズは大体読了済だけど、今までので1番好きかも。2017/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11190060

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。