徳間文庫<br> 波形の声

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

徳間文庫
波形の声

  • 著者名:長岡弘樹【著】
  • 価格 ¥715(本体¥650)
  • 徳間書店(2017/02発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784198941970

ファイル: /

内容説明

谷村梢(こずえ)は小学校四年生を担任する補助教員だ。「カニは縦にも歩けます!」と理科の授業で実証し、注目されたのは、いじめられっ子・中尾文吾。梢に、スーパーである教師の万引きを目撃したと告げたまま下校。その日、文吾が襲われた。襲われる直前、梢の名前を呼ぶ声を近所の人が聞いていたという。梢に注がれる疑惑の目……。日常の謎が“深い”ミステリーに! 表題作を含む魅力の七篇! 【解説】杉江松恋

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

いつでも母さん

114
短編7作品。どれも短編とは思えぬような出来。長岡さんの真骨頂さっくりとはいかないうすら寒さがある。(ははぁ、なるほどね~と、後からじんわり来たりもするのだが)ここが私の長岡さんを押す理由だなぁと独りごちる。そして、欲張りな私はもっと読みたい!と思うのだ。2017/02/21

chiru

70
表題作の『波形の声』の余韻がすごかったです。 何者かに襲われた、普段ほとんど喋らない生徒と、疑惑を向けられた補助教員。 短いページ数ですが、どの人物も魅力的に描かれ、謎の真相は最後まで想像もできません。 余計な描写のないラストだからこそ、残る余韻は感動的です。もう1度読み返してしまいました。 ★4.52018/01/25

きっしぃ

45
7作の短編集。伏線がどれも分かりやすいので、正直オチがわかってしまうものばかりでした…(´・ω・`)それでも楽しめたのは「暗闇の蚊」かな。ブラックなオチは好き。2017/03/24

Yunemo

43
何かが残るはずなのに何にも残っていない。7編がそれぞれに個性をもって記されます。表題作については、静かに悪意が見え隠れ、最後の展開で何となくネガティブな気分で納得。あえて抑制した描き方との解説なのですが、そうですかねー、とちょっと頷けないところもあって。全編を通じて、人それぞれが心の奥底に潜ませてる悪意、そこまで極端じゃなくても黒いモヤモヤ感、この感情をそっと盛り込んで、当方ちょっと心に引っ掛かって、決してドーンと一気に入り込むんじゃなくちょろちょろと。だから繊細さがないと何にも残らないんだ。そう想えて‼2017/02/26

坂城 弥生

42
短編集。表題作の「波形の声」が一番好きでした。2021/04/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11495322

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。