創元推理文庫<br> 破壊者

個数:1
紙書籍版価格
¥1,430
  • 電子書籍
  • Reader

創元推理文庫
破壊者

  • ISBN:9784488187095

ファイル: /

内容説明

女は裸で波間にただよっていた。脳裏をよぎるのは、陵辱されたことではなく、手指の骨を折られたことだった。――そして小石の浜に打ち上げられた遺体が発見される。被害者は長時間泳いだ末に力尽き、溺死していた。一方、死体発見現場から二十キロ以上離れた港町では幼女が保護される。彼女は被害者の三歳になる娘だった。なぜ犯人は母親を殺したのに娘を無傷で解放したのか? 海を恐れ船に乗らなかった女性がなぜ溺死したのか? 凄惨きわまりない事件は、被害者をめぐる複雑な人間関係を暴き出す。現代英国ミステリの女王が放つ稀代の雄篇。/解説=杉江松恋

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Panzer Leader

75
浜に打ち上げられた女性の遺体にはレイプの痕跡が残されていた。捜査が進むにつれその被害者・容疑者たちの人物像が二転三転する描き方はお見事。捜査の中心となる巡査と近くに住む母娘との触れ合いを並行に語ることによって事件の悲惨さを中和している点もグッド。巡査は有刺鉄線の中を突き進む覚悟は持てたのか?53冊目/「海外ミステリーマストリード100」2021/04/21

空猫

47
【海外ミステリマストリード44/100】浜に打ち上げられた全裸の女性の死体発見から話は始まる。彼女はレイプされていた。妊娠3ヶ月で。容疑者は夫と発見者の男。置き去りにされた幼女との関係は。捜査が進むにつれ被害者、発見者、容疑者、の人物像と過去が次々と明かされる。それはどれも酷い事実ばかり。死人だろうが、不幸な状況に居る人だろうがお構いなしな冷酷な描写に胸糞悪くなりながら(ハラハラなエンタメ無しに関わらず)結末が知りたくて読む手が止まらなかった。「人の第一印象は信用できない」久々のウォルターズ作、堪能。 2021/11/25

星落秋風五丈原

34
女性がひどい目にあう小説は読んでいて辛い。2021/03/01

barabara

31
さすが、ミネット。初めて「女彫刻家」を読んだ時の衝撃が忘れられない。今回は前書のような陰惨きわまるムードとは違うが、二転三転するストーリーは勿論、ミネットの真骨頂である狭い世界の人間関係の渦に自然と巻き込まれ、気が付いたら完読、という感じ。ラブストーリーもユーモアもちょろっとあったが、全体的にねっとりしたムードはさすがといったところ。彼女(女だよね?)は天才なんだろうね…完2012/01/30

紅はこべ

27
冒頭にレイピストに関する論文が抜粋されているが、この小説の犯人像を的確に描写している。女性の犯罪被害者は、特に性暴力が絡むと、本当に無防備に晒されるのだなと思った。英国の地理や船に精通していないと、被害者や容疑者の足取りを辿るのに苦労する。スティーヴとトニーはお互いに相手に自分にないものを見ていた気がする。貧しい育ち故に、教育を受けられず、その無教養を姑やトニーに蔑まれたケイトは哀れだ。ケイトとマギーは表裏一体かも。2014/12/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4354438
  • ご注意事項