富士見ファンタジア文庫<br> イグニッション・ブラッド 2 復讐者の狂宴

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader

富士見ファンタジア文庫
イグニッション・ブラッド 2 復讐者の狂宴

  • ISBN:9784040708225

ファイル: /

内容説明

十影はエクイテスに入隊したペスティ、そしてクインとともに平穏な日常を謳歌していた。だが、第三十三太陽塔設営戦――十影が英雄となった過去から復讐鬼が蘇らんとしていた。要塞都市クリアナを防衛せよ!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

19
無事エクイテスへの入隊を果たしたペスティやクインたちとの同棲によりドタバタな日常を過ごす十影。一方至高の血族が逆襲のための作戦を立案し、十影が抱える因縁の相手が立ちはだかる第二弾。彼女たちに振り回される日々を送る一方で明らかになる十影の過去の苦しい記憶と、そんな十影を仇として付け狙うライル率いる至高の血族の逆襲。幾重にも絡む因縁に決着をつけるライルとのバトルは熱かったものの、勝負に勝って戦いに負けた感のある絶望的な状況や、三角関係の均衡にも危うさの予兆を感じたりで、難しい展開が続きそうですね。続編に期待。2016/06/19

ツバサ

6
血を血で洗う戦場で闘う二人の復讐者はどちらも譲れないものを持っていて良かった。ヒロインレースではペスティが先を行ってるが、クインの反撃があるのか気になる。続いてほしい。2016/06/21

リク

5
ペスティとクインの二人と共に過ごすようになった十影。しかし十影の昔の女の影が見えてきて。 ペスティとクインとクラリタの女子会。過酷な毎日の中にあるありふれた日常にほっと一息。 からの復讐に燃える鬼たちの戦い。ただ殺すためだけに力を振るう修羅にはゾッとした。最後に勝負を決めたのはこれからも生きたいという意思。過去の復讐ではなく大切な人とのこれからに目を向けた十影がこれから訪れる苦難をどう乗り越えていくのか。そして十影に追い付き支えようと決めた女性陣がどういう方向へ進んでいくのか。2016/06/23

真白優樹

5
平和な日常を過ごす中、復讐の魔の手が迫る今巻。―――煌めく刃は復讐の紅に、戻らぬ想いは戻らぬ過去に。かつて上官だった大切な人、その人を奪った吸血鬼を前に英雄は復讐の刃を抜き放ち、復讐に狂う吸血鬼と死闘を繰り広げる。復讐に身を焦がす阿修羅同士の殺し合い、その先に待つものとは。自らの後ろに転がる無数の屍、その一つである少女を想い英雄は禍つ思いを解き放つ。日常と戦闘の温度差が激しいこの物語、今回の一件により内部に棘が、外部に絶望が待つ中で十影は如何なる血塗れで鮮烈な戦いを繰り広げるのか。 次巻も楽しみである。2016/06/22

みどり

3
2巻出たことにも驚いてるけど。2019/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11020407

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。