フラワーコミックス<br> 黒源氏物語(3)

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader

フラワーコミックス
黒源氏物語(3)

  • 著者名:桜田雛【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 小学館(2016/05発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784091384485

ファイル: /

内容説明

紫の君との穏やかな日々を守るため、藤壷の宮を抱いた源氏の君だが...!?美しくも黒き「桜田源氏」ここに完結!!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

和夜

11
待って。私の…私の大好きな葵の上が…。待ってよ…ぇ、それだけ……?藤壷様が歪んでるのも紫が天使なのも良い。すごく良い。でもちょっと駆け足過ぎというか紫と藤壷にスポット当て過ぎというか…。もうちょっとじっくりやってくれてもよかったのよ…?最後はあんまり光は黒くなかったですね。藤壷の方が暗かった。この作品をきっかけに原作の源氏物語を読んでくれる人が増えてくれるといいな。2018/11/23

椿

10
いきなり源氏が黒くなくなってしまい、拍子抜け。藤壺の方が嫉妬してたりして…。この二人の不倫は、藤壺の方が仕掛けていた、という説もあるのかな?終わりも幸せそうだった。源氏は、不幸だというイメージなので、不思議な感じだったよ。2016/08/05

MOMO

6
最終巻。葵のとの出会いにより幼い頃から慕っていた藤壺への想いに次第に変化が訪れ、光源氏がずっと探し求めていたモノを手に入れるお話。桜田源氏はとにかく絵が美しくて見惚れる。最終巻なのが凄く寂しい。光源氏の人生や愛の深さが丁寧に描かれていて愛情の本質を感じる一冊。★★★★★☆/完結2016/04/26

リズ

5
紫の上のおかげで黒源氏から白(くはないけど)源氏になった。 執事達の沈黙を先に読んでたから、優しい和巳と椿に見えたり…(´∇`A)    ひたすら、「まぁ2人が幸せならいいか!」って感じでした。2018/02/25

かい

4
この作者の歪んだ感じがなんともクセになるので見つけるとついつい読んでしまう。作者の解釈や光源氏の歪みかたが面白くて3巻で完結してしまうのはちょっと残念、桜田源氏物語もっと読んでみたかったなと思う。絵柄は現代ものも好きだけれど今回の作品は特に綺麗で物語に合っていてよかったなと思います。2016/07/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10670932

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす