新潮新書<br> 学者は平気でウソをつく

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader

新潮新書
学者は平気でウソをつく

  • 著者名:和田秀樹【著】
  • 価格 ¥792(本体¥720)
  • 新潮社(2016/05発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784106106545

ファイル: /

内容説明

学者の言うことを、真に受けてはいけない。データの改竄や人為的ミスがなくても、「画期的な発見」の大半はのちに覆される運命にあるのだから――。医学、教育学、経済学等々、あらゆる学問の「常識」を疑い、学問との上手な距離の取り方を模索する。学問という名の宗教に振り回されず、正しい選択をして生きるために必要な思考法と、健全な猜疑心の持ち方とは? 「学者のウソ」をメッタ切りにする、痛快な一冊!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁

37
日本人の学問に対する誤解:学説は更新されること、人間に個体差があることを忘れている点(10頁)。新仮説を生むことが学問の本来の姿(13頁)。日本では考え方が変わることを認めない傾向が強い(16頁)。立派な先生の最新知識といえども仮説にすぎないという認識を(62頁)。大事な指摘ではないか。医学は進歩するし、個人差があるので。日銀黒田総裁は、一橋大教授でもあったが、自らリスクを負って他人様のお金を扱った経験が少かもしれない(162頁)。マイナス金利も失敗しそうだが? 2016/05/02

たくのみ

14
どんな発見でも、かならず次の世代に更新され書き換えられていく。優れた科学史の投稿も8割は間違っているのだ。後半での「○○コンプレックス」「なんとかシンドローム」「アダルトチルドレン」の流行に警鐘を鳴らす和田先生。所得税を下げて消費税を上げる施策の愚。アメリカの失敗を学ばず「ゆとり教育」に向かった教育界の失敗。宗教家のような脳科学者が多すぎる。後半の発言にかなりドキッとしました。2016/06/06

チャー

12
精神科医の著者が学問の盲信することの危険性を綴った本。著者の専門分野である医学分野にとどまらず、経済、社会などの分野で学者の説を信じすぎることの危険性を伝えている。最近はエビデンスという言葉を所々で聞くようになったが、それすら発展途中の一時的な結果であるという心持ちで受け取ることの重要性を述べている。専門家が言ったから間違いないと頑なに信じているとあるとき180度方向が変わることも。科学の全てを否定するわけではなく、一つの考え方に延々と固執せず日々アップデートすることが大切であると言う考え方は納得。2021/07/11

ちいちゃん

10
学説は更新される可能性があるから信じて疑わないとひどい目にあうよ、という主張のもと様々な例を挙げている。2016/05/18

hk

6
日本のアカデミズムにおいて、教授の椅子に座るための大きなベンチマークとなっているものがある。それが権威ある雑誌への論文掲載回数だ。この教授の椅子という「アガリ」を目指すために、実験資料の改竄やデータの盗用が相次いでいるのは記憶に新しいところだ。そこまで悪あがきをしているのだから新たなブレークスルーがあると思いがちだが、実際にはそうでもない。学会では重鎮達がこれまでに発表してきた定説を打破することは御法度であり、旧来の学説を補完補強する論文が重宝されるトレンドがある。こうした守旧派アカデミズムが、更に官界や2016/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10317732

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。