GAノベル<br> カロン・ファンタジア『オフ』ライン ――鎌倉住みの裁縫士――

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy
  • Reader

GAノベル
カロン・ファンタジア『オフ』ライン ――鎌倉住みの裁縫士――

  • ISBN:9784797387544

ファイル: /

内容説明

『チェンジザワールドだよ! お義兄ちゃん! 冒険と興奮の毎日がはじまるよ!!』

ある日現実世界は、大人気VRMMORPG『カロン・ファンタジア』と融合した。

現代兵器無効のモンスターが容赦なく人々を襲い、ゲーム時代には質量を持たなかった大剣が、ネトゲ廃人たちの細腕にずしりとのしかかる。

だがそんな世界の変革は、裁縫マニアな高校生・鶴岡大和以外は見向きもしなかった最弱の生産職――『裁縫士』を、一瞬にして超レアジョブへと引き上げてしまう!

現代人には重くて扱いきれない兜や鎧に代わり、突如有用となった強靭な衣類を生産できるだけでなく、「針」と「糸」を組み合わせたモンスターの攻略法を創出し、戦闘ですらその強みを発揮できるようになったのだ!
大和は「現実世界でも冒険がしたい!」と言い張る義妹・七里に誘われるがまま、様々なクエストに立ち向かっていくことになるのだが……。

たとえ大和が日常を望もうとも――世界は彼に平凡を許さない。

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

葛野桂馬@時津風@ハスター

6
異世界に転生じゃなく、ゲーム設定で現実が書き換えられるタイプか。しかもスキルなどは受け継ぐものの、基礎設定は現実に沿う……。なろう小説とひとくくりにしていいものかどうかはわからないけど、かなり珍しいタイプの展開だね。物語に緊張感を持たせることはできるけど、物語の進み具合によっては、主人公の成長が急激にインフレしかねない危険性はあるかな。そこのバランスがどう取られていくかが今後のカギになってくる気がする。2016/07/15

外道皇帝

6
今までの異世界モノは主人公が異世界に転移するのばかりだったけど、これは逆に居世界そのものが現実世界となってしまう、という点が変わっている。主人公は生産職、かつ戦いに役に立ちそうにない裁縫士という設定はいいが、願望充足小説のお約束として主人公に想いを寄せる女性ハーレム状態はもう飽き飽き。戦いシーンはそれなりに面白いが裁縫士の生産物のすごさをもうちょっと語って欲しい。2016/06/23

sion

3
ゲームの世界に摂り込まれる系の逆でリアルとゲームが一緒になってしまった世界。 それでも人々はふてぶてしく毎日を生活してる。ところ変われば不遇職業も変わり裁縫士がレアスキルに。幼馴染との和解、義理妹事件、ダンジョン。いまいち盛り上がりに欠けるけど謎だらけの1巻です。2016/06/05

nawade

2
★★★☆☆ Web版未読。ゲーム世界に現代世界が侵食される設定は珍しいかも。これ原因はきちんと説明されるんですかね?義妹の傍若無人ぶりが酷すぎる。それに対する主人公優しすぎやしませんかね?甘やかしはいけないぞ。それにしても癒やし担当は由比だったはずがどうしてこうなった!?な展開。あのまま本心を隠していれば大勝利まちがいなしだったのに。でも、それだと彼女的には意味がないのか。それにしても主人公たちのコロス覚悟が軽すぎてびっくりした。 2017/09/14

ice

0
現実がゲームに侵食されて、モンスターが出たりゲーム内のスキルが使えるようになったりするという設定。 ゲームではできなかったことができるようになっているので、頭を使って現実ならではの攻略法を編み出して戦う。 設定はいいが全体的に盛り上がりに欠けたように思う。 作戦を思いつくのも実行して敵を倒すのも早いせいかもしれない。 それと妹がウザすぎて途中で投げ出したくなった。 主人公が現実とゲームの違いを理解して慎重に行動するタイプなので、ある程度引っ掻き回す存在が必要とは言えやりすぎに思えた。2017/08/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10805246

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。