花とゆめコミックス<br> 悪性-アクサガー 2巻

個数:1
紙書籍版価格 ¥429
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

花とゆめコミックス
悪性-アクサガー 2巻

  • 著者名:菅野文【著】
  • 価格 ¥495(本体¥450)
  • 白泉社(2016/04発売)
  • もうすぐ立春!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~1/30)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784592180579

ファイル: /

内容説明

失った記憶に翻弄されるゼンは、医師ハッカとともに、自らの過去を探すべく動き出す。そして衝撃的な結末が…!? 漆黒のダークヒーローSTORY、ついに完結!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Romi@いつも心に太陽を!

12
足掻いて自らの鎖を絶つために向き合った過去。全ては本当の自由を得るため。自由ってまさにゼンが問い続けた「俺は誰なのか?」 それは自分でしか手に入れられないもの。誰からも与えられず奪われず掴み取るもの。純粋な悪は潔癖であまりに美しすぎて、半端な覚悟じゃ太刀打ちできない。ドクターが一番縛られていた人かな・・・やりきれない悲しいラスト。ゼンの話はまだまだ読みたいよ〜!2010/12/28

えんび@灯れ松明の火(文さんに賛同)

12
ある意味期待を裏切らないラスト、2巻で完結するところも素晴らしい。最後まで華麗なダークヒーロー・ゼン。 続けばいいのに・・・2010/12/17

セシル

12
【再読】とても巧くて安定感があるし、仕草とか表情が色っぽい。作風によって画風を描き分けられる器用な方なのでしょうね。ゼンや登場人物が格好良く、伏線も◎。キャラクターが動くままに動いたというのが分かる内容でした。特にゼンに関しては、“ゼンがどうしたかったか”が重要で、結末には納得です。『ひとりたち』ではどんなお話が読めるのかな?もしかしたらコミック非掲載となった幻の1話が読めるのかな…??2010/12/03

10
始まりの物語って感じの終わり方。ゼンのルーツとこれから目指すべ先が朧気ながら見えてきて、見えてきた所で終わってしまった。「自由」である事に捕らわれた不自由さや、その代償に多くのものを奪ってきた自身の存在意義、みたいな所まで突っ込んで描ききれてたら、もう少し残るものがあったのかな?コレはコレでいい気もするし…ただどこかでありがちな展開で終わっちゃった所と、ゼンに関わってきた登場人物達が、この人何のために出てきたんだろう?って思えて残念な感じがしました。2015/06/14

まりもんママン゚+.*ʚ♡ɞ*.+゚

8
話はちょい難しいけど美麗なゼン様を見てるだけで眼福~~~。このあとゼンはどこへ行きどうなるのか気になる。是非続編を希望。2010/09/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/561897

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす