集英社コバルト文庫<br> 身代わり花嫁は竜に抱かれる くちづけで変わる未来

個数:1
紙書籍版価格 ¥565
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
身代わり花嫁は竜に抱かれる くちづけで変わる未来

  • ISBN:9784086015646

ファイル: /

内容説明

ルディークと想いが通じ合い、結婚式を待つばかりのリデル。ところが突然、生霊状態の姉ローディアに体を貸したまま元に戻れなくなってしまう。いらだつリデルに対し、慌てても仕方ないとばかりにのほほんとしているローディア。そこへ現れたのは、リデルたち双子の運命を予言した、魔術師ファーロンだった。ついに明かされる予言の真相とは…!? ファンタジック・ラブコメディ、堂々完結。

目次

1 くちづけ未満の婚約者
2 入れ替わり姉妹喧嘩
3 美形魔術師の残念な秘密
4 船上の嵐
5 孤島の夜と〈宵の王〉の目覚め
6 歪められた予言
7 〈星〉の巡りと災厄の訪れ
8 さよなら、ローディア(お姉ちゃん)
9 くちづけで替わる未来
あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はなりん

4
話は結構シリアスなのに、最後までコメディでした^^。主役カップルより、なぜかインパクトありすぎなお姉ちゃん&お兄ちゃんの活躍のせいでしょう・・・。お姉ちゃんは、ちょっと今回はシリアス要員でしたが、ラストでは、やっぱりぶっ飛んだ方向でまとめてくれました。主役カップルのラブラブぶりをもっと見たかったなぁ。あらあらいつの間に・・・の部分とか、ラストとかねぇ。4人のにぎやかな新婚編もみたいかなぁ。おまけ漫画のようなんでしょうね!2012/03/24

ばにー

3
【シリーズ3巻/最終巻】3巻でようやく主役がメインになり、超展開とハッピーエンドを笑いとシリアスと涙で良くまとめたなが正直な感想。かなり駆け足で気になる所もあるけど、下手に続いて中だるみになるより潔い。表紙の銀髪さんがやってくれるのかと期待したら、第3の残念キャラに…振り返れば彼は何したっけ?。シリーズ物の中には続けて読まずに間を空ける作品が多々ある中で(メリハリがなく同じテンションだとちょっと飽きる)この作品は飽きずに読了。2014/12/13

みかづき

3
少女小説の適度に波乱適度に幸せをひっくり返す超展開でした。途中からこれなんて少年レーベルと思ってしまった。ラストはわりと好みです。そこに行きつくまでがシリアスだったので、いきなりテンションが変わってご都合に感じてしまいましたが。サキアスの発言にはしっかりドン引きさせてもらいました(法改正頑張れ!)。でもルディーク、開き直るなよ! 婚前だろ! タイトルにも書いてあるからいいけどさ!(笑) お姉ちゃんふぉーえばー。みなさんお幸せに。2011/09/08

なりた

3
最終巻。最後はグッドエンド? お姉ちゃんの言動があれだけれどなんだかんだでこの先も楽しくにぎやかに過ごしていそうだしよかったよかった。お兄ちゃんはホントに後書きの通り指をたてて「問題なし!」って言いそうだ。ちょっと急ぎすぎなんじゃと思わないでもないけど不満の残る終わり方ではない気がする。イラストはけっこう好みかも。★★★★☆2011/09/04

3
終わっちゃって残念。いきなりの超展開でびっくりした。このラストはハッピーエンドなんだろうけど、自分的にはちょっと悲しいなぁ。お姉ちゃん・・・。サキアスはこのままいくと犯罪。しかしそれを見てみたい気がする(ゴクリ)。2011/09/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4049648

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。