集英社コバルト文庫<br> 身代わり花嫁は竜に抱かれる 満月の夜まで待って

個数:1
紙書籍版価格 ¥586
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
身代わり花嫁は竜に抱かれる 満月の夜まで待って

  • ISBN:9784086015097

ファイル: /

内容説明

身寄りのない少女リデル。16歳になって突然引き取り手が現れた。父だという人物はなんと国王陛下! 大国エレンドラに嫁ぐ双子の姉姫の身代わりになれというのだ。断ることも許されず、にわか仕立ての姫君として海を渡ったリデルを待っていたのは、絵に描いたような王子ルディーク。彼との初めての夜を姉のローディア(の生霊?)と一緒に迎えることになったリデルが見たものとは――!?

目次

1 双子星の王女
2 蒼き瞳の婚約者
3 急展開の初夜
4 思惑の舞踏会
5 薔薇は襲撃に散る
6 逃亡劇の果てに
7 満ちゆく月の夜
8 異腹の王子たち
9 巡らされた罠
10 錯綜する想い
11 綻びた封印
12 新たなる禁則事項
あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さら

6
お姉ちゃんが主役か?ってくらい出演してきているせいかコメディ色が濃くなってますね(笑)設定だけ見ると王道シリアスのはずなんだけど。お姉ちゃんのおかげで読みやすかったです。2012/05/05

はなりん

6
話はシリアスなのに、お姉ちゃんのせいでコメディに^^。楽しいです~。姉バカ&兄バカがそろっていて、主役二人の邪魔?応援?どっちかわからない絡みが楽しいです。主役二人もなかなかおいしいカップルです。朴念仁な美形王子がなかなかツボです。2012/03/20

こうじゅ

6
コメディ路線。後書きで触れられている通り、少女小説の王道をいってる筈なのに、切ないよりコメディ。姉姫の我が道ぶりと王子のツンぶり、兄王子のラストのアレぶりが妙に楽しい。リデルちゃんの気苦労はいかばかりか(笑)でも、最後の絶体絶命感にはしっかりビックリしました。続きが出るなら是非読みたい。2011/03/02

なりた

6
なかなか楽しかった。後書きにもあったけど姉姫がもうw あの話し方であの性格だと確かにコメディかも。とはいえお話それ自体は作者さんがいうほどにはコメディでもないような。王子兄はてっきり悪い人だと思っていたのだけれど違ったのか。ハラグロそうだけど。続きはありそうだけれど続きはちゃんと出るのでしょうか。占い師の母との決着とか双子姫の予言とか謎はまだあるし、続いてほしいものです。★★★★☆2011/03/01

5
なんていうかこう、主人公の受難っぷりがよくよく考えると可哀想過ぎるのにカラッとコメディなのがすごい。お姉ちゃん強いww裏ヒロインじゃなくて裏ヒーロー……裏じゃないか。襲撃の目的っていうか根幹が、大体予想通りでほっとした。コレでお姉ちゃんの誤解通りだったら……結構シリアスだよなぁ。よかったよかった。2011/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2411554

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。