来るぞ!日本株

個数:1
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

来るぞ!日本株

  • 著者名:週刊エコノミスト編集部【編集】
  • 価格 ¥324(本体¥300)
  • 毎日新聞出版(2016/03発売)
  • 海の日記念!Kinoppy 電子書籍/電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/16)
  • ポイント 75pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

2016年は、「中国株ショック」を発端とする世界同時株で幕を開けた。不安定な海外要因から緩和マネーとオイルマネー、チャイナマネーが右往左往する中で、相対的に安定感のある日本にマネーが流入しやすいとされる。市場がパニックになり、ヒステリックになったときほど、冷静に「買い場」を探ろう。
 本書は週刊エコノミスト2016年1月19日号で掲載された特集「来るぞ!日本株」の記事を電子書籍にしたものです。

目 次:
はじめに
・中国発の世界同時株安 日本株の「買い場」を探る
・日本郵政株 買い逃した投資家のための今から挑む初心者向けQ&A
・激突ドル・円相場対論 円安か円高か
    年末に1ドル=135円に
    年末に1ドル=110円に
・投信 「負けない」運用が人気 新型ファンドの強みと弱み
・ジュニアNISA 狙いはゆうちょ銀扱いの投信
・REIT オフィス型とホテル型に注目
・ロボット 中国で需要が急拡大 東南アジアや日本でも
・電力自由化 8兆円市場に119社が参入 調達やセット販売で提携加速
・IPO 2016年は上場100社超も 関連株への値上がり波及に期待
・レバレッジ型ETF 出来高でトヨタしのぐ人気だが、投資家が知るべき「落とし穴」
    「いつかは2倍もうかる」は誤解
・2016年のマネーを読む 対談 豊島逸夫×高井裕之
・FRBが招く米景気後退 現金化では難局乗り切れない


【執筆者】
花谷美枝、池田正史、藤沢壮、深野康彦、
池田雄之輔、佐々木融、篠田尚子、大山弘子、
鳥井裕史、浮島哲志、村上富弥、藤本誠之、
井出真吾、重見吉徳、週刊エコノミスト編集部