カナリアたちの舟

個数:1
紙書籍版価格
¥726
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

カナリアたちの舟

  • 著者名:高松美咲【著】
  • 価格 ¥726(本体¥660)
  • 講談社(2016/01発売)
  • 夏休みは読書三昧!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~7/21)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784063881134

ファイル: /

内容説明

高校生の宇高ユリは、ある日の帰り道、空を覆い尽くすほどの巨大な飛行体と遭遇する。破壊される街、次々に殺されていく人間──気を失ったユリが意識を取り戻したのは、日常とかけ離れた異世界だった。そこで唯一出会った人間は、北沢千宙という男性。他に人間はいないのか、あれから友だちや家族はどうなったのか──帰りたい場所はまだ残っているのか。ふたりぼっちのサヴァイヴァルが始まる!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しましまこ

16
まさかのSF。救いがあるかのようなラストにモヤっとしたよ。2019/07/31

じょり

14
帯でSFとはわかっていたのですが、始まりが日常の風景だったのでこのまま思春期の物語と思っていたらいきなり侵略されて。異世界で二人ぼっちで恋愛の展開になるのかと思いきやそういうオチなのかと。読み終わって帯の「平凡な日常よ、そのままでいて」が結構響いた。2016/02/14

ako

11
不思議な雰囲気のお話でした。こういうのは結構好きだな。解放された地球人達とこの星でうまく過ごしていければいいけど、ユリがたくさん咲いているあの場所で死んだ千宙との方がうまくいったのではないかと思わないでもない。2016/04/13

sskitto0504

9
SFだなぁ…でも自分の頭が悪いためなのかよくわからない部分が多かった…未知との遭遇、相容れない関係…イマイチテーマがなんだったのかわからんなぁ…2016/04/14

おかめいんこ

7
帯に惹かれて買ってみたけど…SFはSFで普通かな(^_^;)しかしこれを耽美と表現するの?耽美とはちょっと違う気がする(・・;)2016/01/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10084532
  • ご注意事項