アクションコミックス<br> ネオ・ボーダー(1)

個数:1
紙書籍版価格 ¥680
  • Kinoppy
  • Reader

アクションコミックス
ネオ・ボーダー(1)

  • ISBN:9784575841350

ファイル: /

内容説明

80年代のバブル絶頂期の時代に、マーケティング社会の行き着く果てを喝破し、絶大な支持を得た『迷走王ボーダー』。20年を過ぎてもなお、青春のバイブルとして奇跡の漫画が、ついに復活。蜂須賀、久保田、木村の名トリオが復活したのは、なんと平安時代末期。作者は作・ひじかた憂峰(狩撫麻礼の別ペンネーム)、画・たなか亜希夫のゴールデンコンビ!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

積読亭くま吉(●´(エ)`●)

17
Kindle無料「迷走王ボーダー」は全くの未読。今回はじめて存在を知って…ハマるでしょ、どツボでしょ。反骨精神とその分厚い面の皮。まさにど真ん中、まさにタイプだす。2015/03/13

めいけふ

6
まさか復活するとは!と何も考えずに手にとり、読んだら何も考えられないまま終わりました。終わった後にもやもやが残りました。相変わらずです。2012/09/28

眠る山猫屋

5
なんだろう、不思議な感覚。舞台設定の妙なのだろう、ミスマッチに感じない。浮浪者(ホームレスという意味ではなく)って、なかなかなれないだろうけれど、憧れてしまう部分はありますよね?まぁ蜂須賀みたいに巧くは運ばないわな。気になる作品だなぁ。2014/06/25

FK

3
懐かしのボーダー。今後の展開が楽しみ。2013/07/21

あにき

3
ヤツらが帰ってきた。蜂須賀の見た目の変化は許せるが、久保田がちょっと‥少し悲しい(/_;)木村がそのままなのは安心した。2012/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5336752

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす