中公文庫<br> 韃靼疾風録 (上)

個数:1
紙書籍版価格 ¥963
  • Kinoppy
  • Reader

中公文庫
韃靼疾風録 (上)

  • 著者名:司馬遼太郎【著】
  • 価格 ¥963(本体¥876)
  • 中央公論新社(2015/10発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784122017719

ファイル: /

内容説明

なぜか九州平戸島に漂着した韃靼公主を送って、謎多いその故国に赴く平戸武士桂庄助の前途になにが待ちかまえていたか。「十七世紀の歴史が裂けてゆく時期」に出会った二人の愛の行方を軸に、東アジアの海陸に展開される雄大なロマン。第十五回大佛次郎賞受賞作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

97
面白かったです。司馬さん最後の長編小説。愛と歴史の物語に引き込まれました。平戸に漂流してきたアビアを祖国に連れて行くために翻弄する庄助。その様子は東アジアを舞台にした冒険譚という雰囲気を感じさせます。前途に何が待ち構えているのかドキドキしました。韃靼、蒙古、明の運命、鎖国の策を可決した日本。文化と文明と歴史の波の中に投げ込まれる庄助とアビアのロマンスはまさにドラマになっていくことでしょう。手描きの地図がいい味出してます。下巻も読みます。2017/07/21

壮の字

70
愛新覚羅・奴児哈赤=ヌルハチ。字面に大ウケwww受験以来のご無沙汰。韃靼(タタール)とは北東アジアに棲むツングース系の部族。主人公・庄助は肥前国・平戸に漂着した女真族公主の娘・アビアを送り返すべく藩命により明末の満洲・後金国へ。辺境の北虜(蒙古人)と東韃(女真人)は同盟を組み長城越えを窺う。庄助はようやく藩命から外れ、アビアとともに己の道を歩き出す。司馬遼太郎が最後に手掛けた長編小説。その筆による手描きの地図を挟みつつ物語はすすむ。その「見にくさ」がとても温かくて好う候。2016/01/07

レアル

64
平戸に漂流した公主アビアを祖国に帰すために庄助は主君の命を受けて見た事も聞いた事もない地へ向かう。簡単に言えばそんな庄助とアビアの冒険譚なのだが、その要所要所に描かれているその土地の歴史や生い立ちなど、そちらの方が読んでいて楽しい。また著者が描いた手書きのマップなども載っていて、こちらは何だか微笑ましい。この時代の中国や朝鮮は苦手意識が強く、読む前から二の足を踏んでいたが、冒険譚と一緒に読むと分かり易くスーッと頭に入ってくる。この時代の本を読むと浅田氏の『中原の虹』を思い出す。下巻へ。2017/02/16

たつや

57
ふりがながなければ自分には読めないタイトル。なかなかあ読む気も起きなかったが、いざ読みはじめると、入江から始まるので、「菜の花の冲」のスピンオフ?とおもうと全然違う。島に漂流したお姫様を自国に送り届けるというまるで昔話かおとぎ話のような展開にドキドキが止まらない、昔の人は、よく異国の人とお互いに交流できたなと感心する。2016/11/20

キムチ27

53
疾風とは言い難いほど、ゆったりした大陸風展開。主人公庄助の口を司馬先生が借りてぼやく様な流れでやっと度島御料人ことアピアを抱くまでの長い事!昔、韓国ドラマに酔いしれていた時期、7C日本に朝貢まで来た渤海・それを滅ぼした契丹に結構興味を持ち、完璧に出鱈目な韓国ドラマの実情に気づき冷めた記憶がある。そんなこんなで長い上巻も楽しく読み切った。時は江戸初期。浦島じゃないけど韃靼に旅するうちに祖国は鎖国へ入りはて、どうなる事やら?倭とは獣に近い意。実際にもあったであろう異民族とのコミュニケイトのゾクゾク感…2018/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574691

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす