ハーレクイン<br> それは嵐の夜だった 愛を知らない男たち II

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ハーレクイン
それは嵐の夜だった 愛を知らない男たち II

  • ISBN:9784596752789

ファイル: /

内容説明

オースティンは、町の女たちが悪魔のように魅力的だと噂する男。レベッカは二年前に初めて町の集会で彼を目にして以来、すっかり彼に熱をあげている。ところが彼の前に出ると 緊張して失敗ばかり。思いを伝えるどころではない。その嵐の夜も、仕事の件で彼の家を訪れる途中で車が故障し、ずぶ濡れの姿で彼と対面することになってしまったのだった。オースティンは見かねて熱いシャワーを勧めたものの、彼のローブに包まれてバスルームから出てきたレベッカを見ると 心穏やかではいられなかった。もとより彼女の気持ちには気づいていたが、うぶな女は絶対に相手にしないと決めていたのに。彼が内心の葛藤に苦しんでいるさなか、夜空に稲妻が走り、不意に電気が消えて、あたりは闇に包まれた。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mum0031

2
児童施設の管理者のレベッカと、特許を持ち大金持ちのオーステイン。 レベッカが、初体験の相手に選んだのが 恋するオーステイン。 初体験で、妊娠。。。 オーステインは、めんどくさい。 2017/09/05

oneoeight

1
子どもの頃に母親に捨てれ、ひねくれてしまった頑なヒーローと前作出てたヒーロースキーのあまり挙動不審(笑)だったヒロインとのお話。もうねぇ・・・ヒーローの心がカチコチに凍ってます(爆)ヒロインの解凍作業が追い付かず(>_<)何かっちゃツンケンしたり暴言はいたり。でもそれは子どものようにヒロインの愛情を計ってるのかなぁと・・・。でも最後まで頑な過ぎて疲れちゃった(爆)二人の設定は好みだったのに(ノ_<。) ラブラブシーンがもっとあったら満足出来たかも(∋_∈)度☆5、また読みたい度10%2010/03/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/537801

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。