ビーズログ文庫<br> 悪誉れの乙女と英雄葬の騎士2 骸の船を護る竜

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ビーズログ文庫
悪誉れの乙女と英雄葬の騎士2 骸の船を護る竜

  • 著者名:夏野ちより【著者】/涼河マコト【イラスト】
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • KADOKAWA(2015/08発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784047305632

ファイル: /

内容説明

極悪騎士アドルフと不本意ながら(?)も共闘し、『船長試験』に合格した海賊の娘クレア。だが、そんな彼女に与えられた船は、父船長ですら手を焼く問題児ばかり!! そんな折、シェランド国海域では【近づくと死ぬ】と噂の幽霊船が出没。密かに討伐の命を受けていたアドルフと、無理やり問題児集団の船に乗り込んだクレアは、彼と同室生活を送りつつ幽霊船の出現を待つが……!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さや

16
★★★★☆シリーズ第2巻。船長となる為の試験に合格したクレア。しかし未だに船を預けて貰えない日々を送る。そんなある日、クレアの父であり総船長のレオンを心酔する船員のいる船への出向を命じられて…。新キャラクターのディーンは筋金入りのレオンコンプレックスだった。略してレオコン。クレアとアドルフの恋は亀の歩みだけど、船長としてクレアは成長した気がする。ヒュドラの「大好き。嬉しい。信じてる。また会いたい。」という真っ直ぐな想いが切ない。糖度は1巻目よりは多少出たかな?でも少女小説としてはまだまだ物足りない。2015/07/15

ミィ

13
シリーズ2作目。海賊の船長試験に受かったクレアに与えられた船の船員は問題児ばかり。無理やり船に乗り込んだクレアは、アドルフと手を組み幽霊船討伐に向かう。ディーン可愛い。前作と比べて二人の関係性が少し変わって微笑ましい。2016/03/29

shizuca

12
ラブが多いかと言われると、多くないむしろ皆無です。アドルフの行動に悶える箇所は何ヵ所もあります。なんていうかアドルフあの年であの行動はどうなんでしょうか。たかが外れたときが心配になります(とっても読みたいです)。新キャラも一癖も二癖もあるし、ラストのあの変わり方には口があんぐり飽きましたが、あのキャラの登場によってクレアとアドルフの関係もどんどん変化していくと良いなぁ。クレアがアドルフへもつ感情はまだまだ恋じゃないと思うので、いつどの瞬間に恋になるのかと妄想するのが楽しみです。次刊もたのしみ。2015/07/18

bulbul

7
少々漠然と感じた「魔物を守る」というヒロインの強い願いが2巻で迫力ある展開を見せてくれました。新キャラと天然ズを楽しんでたら何コレ!どんな「約束」なの!泣けるっ。竜が哀しすぎて(ノ_・、) それでも2人なら。なんかワンコも増えたみたいだし。続きが楽しみ。2015/07/17

Sari

6
前回読んでから楽しみにしていたのでさっそく購入後、読了。クレアに自覚がないからか、二人の間に甘さはないが、状況的にはすごいラブな状況。しかも、解毒剤の飲ませ方についてクレアが気づくの遅い(笑)でも、私的には前回の物語の進み方から、2巻目で急にイチャイチャしだしてもびっくりなので、クレアの天然な感じがちょうどいいです。ぜひとも、二人には巻数を増やしてゆっくり距離を縮めていってほしいです。あと、読み終わってから気がついた、あれ??イヴ出てきてない。続きの巻が楽しみです。2015/07/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9711773

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。