プロテスタンティズムの倫理と資本主義の《精神》

個数:1
紙書籍版価格 ¥5,184
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の《精神》


ファイル: /

内容説明

ウェーバーの難解な『倫理』論文の翻訳に初めて病躯を押して取り組んだ梶山力(かじやま・つとむ、1909-1941)は、戦前日本でウェーバー研究の礎石を据えた一人であった。いま忘却の淵に沈まんとしている名訳の聞こえ高かかりし梶山訳を復活・復権する。この復活版では、大改定がなされた『倫理』論文の改定内容が立体的に把握できるよう工夫され、また「アメリカにおける教会とゼクテ」の翻訳も収録。ウェーバー研究者必携の書。

目次

編者まえがき
 凡例

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の《精神》〔梶山力訳〕
 訳者序文〔梶山力〕
 訳者解説〔梶山力〕
  一 原著の学問的位置
  二 マックス・ウェーバーの思想
      一 価値判断排撃
      二 理想型の概念について
      三 ウェーバーの歴史観
  三 本書の理解のための注意
  四 本書に対する反対説(主として本位田博士による)
  五 本書の内容
  参考文献

 原著者序言
 第一章 問題の提起
  一 信仰の種類と社会的階級
  二 資本主義の「精神」について
  三 ルッターのベルーフ概念。研究の目的
 第二章 禁欲的プロテスタンティズムの職業理念
  一 世俗的禁欲の宗教的基礎
  二 禁欲と資本主義

アメリカ合衆国における“教会”と“ゼクテ”
 ――教会政治的・社会政治的な一つのスケッチ〔安藤英治訳〕

 回想の梶山力〔小林昇〕

 編者あとがき〔安藤英治〕
 第二刷へのあとがき〔安藤英治〕