富士見L文庫<br> 九十九さん家のあやかし事情 五人の兄と、迷子の狐

個数:1
紙書籍版価格 ¥682
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
九十九さん家のあやかし事情 五人の兄と、迷子の狐

  • ISBN:9784040706467

ファイル: /

内容説明

両親を早くに亡くしたあかねは、5人の過保護な兄と暮らしている。たまにウンザリしながらも円満に過ごす日々は、ある時死んだ父から手紙が届くことで一変した。なんとあかねには、あやかしの許嫁がいるようで!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

皐月

113
ほのぼの和風ファンタジー。両親を早くに亡くしたあかねは、5人の過保護な兄と暮らしている。大黒柱の長男と、やんちゃな次男に寡黙な三男、心優しい四男と毒舌な五男、六人で一緒に平穏な日々を送っていた。ある時、死んだ父から手紙が届き、あかねをあやかしの花嫁にする約束をしたことが発覚。蔵で見つけた不思議な箱を開けると、封じられていた「あやかし」を街へ解き放ってしまう。退魔のイロハはないものの、事態を収めるため兄妹はあやかしの回収に乗り出す!逃げ遅れてウサギのぬいぐるみの中に封じこめられた白蛇の「雷電」が可愛い。2021/09/04

はつばあば

54
「毎日晴天」並みの兄弟の愛情深さに、こちらもご両親を亡くして可愛い妹を溺愛。BLではなくあやかし系ではありますが百太郎さんと帯刀大河が重なります。長男の性でしょうか。あかねちゃんはあやかしの嫁になるのでしょうか?。紙本ですので眼鏡の度をアップして残り4巻を楽しみたいです。2020/02/11

すみの

38
九十九家はと5人の兄、百太郎(准教授)、勇気(無職たまにバイト)、恵(大)、若葉(高)、藍音(中3)と可愛い妹・あかね(中2)の6人家族。拝み屋だった父と優しい母は既に他界。亡父からあかね宛の手紙がきっかけで、あやかし達と関わり始める。イケメン&シスコンの兄たち、時には母、姉のように慈愛あるあかね、祓い屋のこれまたイケメン甲斐、あやかし・その1雷電、その2風牙との大所帯の楽しさと来るべき未知なるあやかしの怖さ、あやかし達に隠された悲話と色々あり。あかねの相手…どんなあやかしなんでしょう。2016/02/21

ううち

29
九十九という苗字や兄弟設定が非常によく似ている作品を読んだことがあったので続編かと勘違いしていましたが、こちらの方が好きかな。可愛らしく優しいお話で、妖が出てくるもののファンタジーすぎず読みやすい。兄が5人(すべてガタイの良いイケメン)もいるあかねちゃんがちょっと羨ましいわ。妖がとてもキュート。続編も読みます。2016/03/12

28
感想を読んで気になった作品、初読みの作家さん。う~ん、なかなか入り込めなかったのですが、最後の方からさくさくと♪本作は導入編ってことなのかな?続編も読んでみます(^^)2016/09/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9748611

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。