SPA!BOOKS新書<br> 狂暴国家 中国の正体

個数:1
紙書籍版価格
¥836
  • 電子書籍
  • Reader

SPA!BOOKS新書
狂暴国家 中国の正体

  • 著者名:楊海英
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 扶桑社(2015/06発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784594071196

ファイル: /

内容説明

日本が中国の少数民族と同じ轍を踏まないために…… 漢族地域と地続きで対峙してきたからこそ知り得た、暴虐的な抑圧と搾取の実態……中国籍を捨てた内モンゴル人歴史人類学者による対中論。「日中友好」など不要と断じる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

金吾

29
○漢民族の恐ろしさがひしひしと伝わります。長期的視点から民族の抹殺を図るようなレンジのあるものの考え方を日本は出来ない分、危機感をもって対応しなくてはいけないと思います。ただモンゴル人だけにややモンゴルの力を過大に捉えているような点もありました。2024/01/20

James Hayashi

23
日本在住モンゴル人文化人類学者による中国の怖さを知らしめるモノ。ここ数年ウイグル人への対応が海外で注目されているが、過去の歴史からもそれは明らか。チベットもモンゴルもそのような過去がある。いわんや文化大革命など漢人でさえ数百万人も殺害。一民族を消し去ることなど訳ない事。それは中共の意図することであり、我々は経済界のこととは別に対処していくべき。虐殺を行なっている国をサポートする必要性はない。 2021/03/30

ののまる

11
扇動的なタイトルは出版社の意向かなぁ、と思っていたら、中身のトーンもなかなかにそうだった…。これから日本はユーラシア重視の政策を、といっても今のロシアとトルコの関係をみてると難しそう。2015/12/05

酔うた

1
西から中国を見るとこんなに違うのかと考えさせられた。ウイグル・モンゴル・チベットの悲哀がひしひしと伝わった。 同じ轍を踏まないよう心して中国と付き合わなければいけない。中華思想(=華夷思想)とマルクス主義が結合し、このような魔性が生まれるとは・・・2019/06/27

ソノダケン

0
支那の肩を持つ気はさらさらないが、あまりのモンゴル中心主義に辟易。弾圧は気の毒だけど、それを制止するため日本の国益を賭けるかどうかは、また別の問題だ。平均的な日本人の知性を軽侮する記述も多々あり、朝青龍の佇まいにも似た独善性を感じた。2014/11/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8227826
  • ご注意事項