地域とともに生きる 建設業【HOPPAライブラリー】

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,620
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

地域とともに生きる 建設業【HOPPAライブラリー】

  • 著者名:小磯修二
  • 価格 ¥1,296(本体¥1,200)
  • 中西出版(2015/04発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 300pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

地域にとって建設業は、経済的な生産力や雇用を生み出す力であるだけではなく、日常の催事への協力から非常時の災害救助に至るまで、地域社会を支える役割の大きな産業でもある。その土地に精通し、特性を最大限に活かして活動する建設業は、地域とともに将来があるという、共同体としての強い意識を持ち、地域の課題に向き合い、発展に必要な幅広い活動を行っている。地域政策を主なフィールドとする研究者の立場から、現場へのヒアリングなどを通して見えてきた「地域産業としての建設業」の意義や役割、可能性を考察、提言する。一体論で語られることの多い建設業を、「地域づくり」の視点で捉えた一冊。

目次

グラビア
はじめに
第1章 建設業とは何か
第2章 地域経済を支える建設業
第3章 雇用力の大きい建設業
第4章 地域づくり産業
第5章 請負産業の特性
第6章 建設業のイメージと無駄な公共事業論
第7章 地域密着は建設業のDNA
第8章 人材問題の背景
第9章 公の役割を担う建設業
第10章 地域の自立戦略と建設業
第11章 人口減少時代を生き抜く
第12章 国土強靱化と地方の役割
第13章 老朽化する社会資本
あとがき

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす