文春文庫<br> アンダー・ザ・ドーム(4)

個数:1
紙書籍版価格 ¥935
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
アンダー・ザ・ドーム(4)

  • 著者名:スティーヴン・キング/白石朗【訳】
  • 価格 ¥896(本体¥815)
  • 文藝春秋(2015/04発売)
  • 文藝春秋怪談&ホラー小説ポイント30倍キャンペーン
  • ポイント 240pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167812294

ファイル: /

内容説明

スティーヴン・スピルバーグ製作でテレビシリーズ化もされた超大作。

脱出不能の壁に閉じ込められ、独裁者の恐怖政治が敷かれた町。そこに迫る壮絶な破滅とは? 巨匠の超大作、圧倒的クライマックスへ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

志田健治

27
お見事でした。過去の文庫本全4巻作品(『ザ・スタンド』「it』『ドリームキャッチャー』等)を超える面白さを、正直期待してはいませんでしたが、否、上回ったと言っても過言ではない怒涛の展開でした。中でもビッグジムパートは本当に良かったです。ハラハラしました。トリックスターであるブッシー元夫婦やスラッピー・サムの存在も印象深いです。惜しむらくは個人的に気に入っていたキャラがクライマックスで忽然と存在感を消してしまったことに寂しさを覚えます。もっともっと読みたい。もっと引き伸ばしてくれても楽しめました。大満足。2018/09/07

眠る山猫屋

24
怒濤の完結。まさかあの人もあの子も死んじゃうとは・・・。容赦ないです、キングさん。あっけなく命を落とす方もいれば、まさかの大活躍の末に消えていく人も。ドームの中の黙示録を加速させていく場面では、確かに途中で本を閉じれなくなってしまった。無駄と判っていても最後まで努力を続けた人々、心穏やかに受け入れた人、見苦しく足掻く人々、何も感じる間もなく消えてしまう人々。個人的には、還ってきた青空を見ながら死んでいったあの男と、オリーと兵隊さんのエピソードが滲みました。2014/06/18

キクマル

23
全四冊、二千ページを越える「アンダー・ザ・ドーム」を読み終わりました。凄い数の登場人物や多すぎる殺人の場面に混乱したりしましたが、結局キングの世界に、どっぷり浸かってしまいました。読書をしているだけで異次元の世界に入りたい人にはキングの作品を勧めます♪2015/02/18

トラシショウ。

21
ドームの外で陸軍のコックス大佐が発案した、内部に閉じ込められた人々の外部の親族達との「面会日」が迫る。折しも内部ではビッグ・ジムによる大規模な町政委員会合が行われたばかり。アンドレアのジムへの告発を引き金として発生した混乱に乗じて脱獄を果たすバービーとラスティを含めた「亡命組」がブラックリッジ山中を目指す中、二人の薬物中毒者と特別警察官達の小競り合いがドーム内に逃れようのない大火を呼ぶ。業火のハロウィンの果て、生き残るのは誰だ。タイトルの「アンダー」の意味が明らかに。堂々の完結(以下コメ欄に余談)。2017/06/27

20
おおお面白かったです。怒涛の展開に最後まで引き込まれました。登場人物がとても多いのにあの人もこの人もどんどん亡くなっていく…真相の残酷なこと。でもきっと彼らはこれからも生きてゆきますね。次はドラマを観ます。2015/10/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7444707

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。