新潮文庫<br> 風神の門(上)

個数:1
紙書籍版価格 ¥825
  • Kinoppy
  • Reader

新潮文庫
風神の門(上)

  • 著者名:司馬遼太郎【著】
  • 価格 ¥781(本体¥710)
  • 新潮社(2015/04発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101152349

ファイル: /

内容説明

関ヶ原の合戦によって豊臣家が大坂城にとじこめられてしまった時期、伊賀の忍者の頭領、霧隠才蔵は人ちがいで何者かに襲われたことから、豊臣・徳川の争いに次第にまき込まれてゆく。生来、いかなる集団にも属することを嫌った才蔵であったが、軍師真田幸村の将器に惹かれ、甲賀の忍者、猿飛佐助とともに、豊臣家のために奮迅の働きをし、ついには徳川家康の首をねらうにいたる。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ehirano1

121
ハードボイルド~忍者版~といったところです。「梟の城」も良かったのですが、当方にとってはこちらの方が好みです。司馬さんにしては会話を多く用いており話がサクサク進むのでページを捲る手が止まりません。2018/06/10

とん大西

116
あぁ、面白い。司馬遼太郎×忍者で面白くないわけがない。霧隠才蔵-その名をきけば皆おそれをなす無敵の伊賀忍び。風来坊を決め込みつつ茶目っ気たっぷりにあやかし、欺き、恋をし、忍びそして敵を倒す。ダンディズム漂う「梟の城」とはちぃと趣の違うエンタメ感。風雲急をつげる太閤秀吉の亡骸・大坂城。関ヶ原に勝利したとはいえ、天下の行く末に不安を残す江戸公儀。大坂につくか江戸につくか。風にふかれるまま気の向くまま、ついに胎動する才蔵。歴史の歯車となるか。旅の道連れはこれまた猿飛佐助。好敵手同士の珍道中もなかなか乙です。2020/03/18

優希

97
面白かったです。忍者ものなのでサクサク読めます。関ヶ原の戦いをきっかけに豊臣・徳川の争いが目に見えるようでした。霧隠才蔵も巻き込まれ、幸村の軍師に惹かれたことから猿飛佐助と共に豊臣家のために働くことになるのは、戦国時代ならではのあり方を見ているようでした。徳川の首を狙っていくようですが、才蔵と佐助の狙いはうまく動いていくのでしょうか。下巻も読みます。2018/08/14

壮の字

87
真田幸村と配下の十勇士たちの活躍を描く。余談が少なくちょっと物足りない感があるが、この物語にはスピード感があったほうがいいか。主人公は霧隠才蔵。おのれのみしか恃まない伊賀忍者をしても幸村の大きさに惹かれていく。集団を操る甲賀忍者、猿飛佐助とのレベルの高すぎる連携プレーから目が離せない。駿府の大御所の暗殺に向かうところで『下巻』へと。『戦雲の夢』『城塞』につづき、2016NHK大河『真田丸』の予習として再読。こんなに面白いのにほとんど内容忘れていた...いかんなあ。2015/12/12

ehirano1

86
「兵法者は、おのれの技量をためし、剣名を世にあげるために勝負をかさねていくのが稼業だが、忍者は、おなじく戦国時代の必要からうまれた戦闘技術者ながら、勝負師ではない。むしろ、勝負をさけるところに、その職業の本領があった(p130)。」、と。“むしろ、勝負をさけるところに、その職業の本領があった”というのは、戦いをしないためには外交で片つけるしかない。となれば情報がモノを言う。なので今でいうスパイとしての役割を忍者が担っていたということだと思った次第です。2018/12/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/573970

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす