新潮文庫<br> 新史 太閤記(上)

個数:1
紙書籍版価格 ¥935
  • Kinoppy
  • Reader

新潮文庫
新史 太閤記(上)

  • 著者名:司馬遼太郎【著】
  • 価格 ¥869(本体¥790)
  • 新潮社(2015/03発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784101152103

ファイル: /

内容説明

日本史上、もっとも巧みに人の心を捉えた“人蕩し”の天才、豊臣秀吉。生れながらの猿面を人間的魅力に転じ、見事な演出力で次々に名将たちを統合し、ついに日本六十余州を制覇した英雄の生涯を描く歴史長編。古来、幾多の人々に読みつがれ、日本人の夢とロマンを育んできた物語を、冷徹な史眼と新鮮な感覚によって今日の社会に甦らせたもっとも現代的な太閤記である。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

とん大西

130
司馬作品を読むといつも思う文章の故郷みたいな座り心地の良さ。豊臣秀吉の立身出世物語、やはり面白かったです。日本史上の巨星にして異例の出頭人。流浪し今日の糧にも事欠いた少年時代。当時、彼が天下人となるなど誰が予想しえただろうか。織田軍団のエリートにまで上り詰める上巻には若き日の秀吉の魅力が十分につまっていました。冷徹かと思えば人情に熱く。強心臓かと思えば繊細で。演技か本心か信長の心さえも鷲掴み。稀代の人たらしが己れの信じる道を突き進む様は痛快爽快です。(少年の時の夢が素朴で良い。友に存分振る舞いたいなんて)2019/02/09

優希

120
久々に司馬さんの長編を手にしました。秀吉を一貫して「猿」と称しているのが特徴なのかと思います。天性の人たらしの才能と見事な演出力で信長に召し抱えられてからのスピーディーな展開にのめり込みました。信長との掛け合いが見事で、出世街道を着実に歩んでいるという印象を受けます。名武将を鮮やかに手玉にとるからこそ順調に成り上がることができたのですね。着々と力をつける秀吉。さて、天下取りはいかにして成し遂げられるのか。下巻も読みます。2017/01/20

むーちゃん

103
官兵衛救出で終了。 感想は下巻にて。2020/06/21

壮の字

86
司馬作品は幕末に目が行きがちだけど、私は戦国作品も好きだ。 秀吉のかわいさ、したたかさ、いやらしさがよく描かれている。 寂しいことに「余談だが...」が少ないような気がする。上下巻で収めるにはそうなるかな... その分、スピード感はある。下巻も借りててよかった。2015/05/14

金吾

83
○秀吉が成り上がっていくのを生き生きと書いています。有名な人なので目新しい話はないですが、信長との掛け合いとか躍動感が伝わりわくわくします。当初に秀吉の陰な部分も書いているので晩年につなげるのかなと勝手に思っています。2020/03/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/566911

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす