文春文庫<br> 侯爵サド夫人

個数:1
紙書籍版価格 ¥471
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
侯爵サド夫人

  • 著者名:藤本ひとみ
  • 価格 ¥468(本体¥426)
  • 文藝春秋(2015/03発売)
  • 【kinoppy】文藝春秋 電書の森フェア2021 ポイント増量!(~9/30まで),シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 160pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167604059

ファイル: /

内容説明

侯爵サドの生涯をつぶさに描いた著者が従順なルネ夫人に迫る。その愛の謎と恐るべき深層心理を解明し、現代社会に警告する問題作

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

つきみ

10
サド侯爵も妻ルネも、その母モントルイユ夫人も、それぞれの言動が心理学的に解き明かされている点が興味深い。「サド侯爵」に登場したクルミエが師と仰ぐ人物が、今作ピネルなのも面白い。それにしても母親の影響力には改めて驚く。身が引き締まる思い…2012/06/04

寝落ち6段

4
暴戻のサド侯爵の婦人・ルネ。夫が放蕩する間も、自分が愛を捧げていけば必ず落ち着くだろうと思っている。だからこそ、どんな状況に陥ろうともそれを曲げなかった。傍から見れば、そんなルネは気が狂っているとしか思えない。信じ抜く愛といえば聞こえはいいが、明らかに盲目である。それが本人には分からない。盲信する原因は何だろうか。そこには歪な母子愛と藻掻きがあった。読んでいて、自分も盲信していることがあるのではないかと考えた。盲信は誰にでもあるかもしれない。2019/08/14

七鵺

3
ルネ本人の視点も読んでみたかった。2017/03/24

もももん

2
作者さんの作品が好きなのでいくつかよんでいるけど、これも面白かった。テーマ的に暴行シーンが多かったら嫌だなぁと思いながら読み進めたけどそんなこともなく一気に読み終ることができた。個人的にはこの後のルネとまわりの人物を含めた展開が気になった。とりあえず主人公のかけひきの描写はドキドキで面白かった。2017/02/13

しゅうご

1
「侯爵サド」を読んで面白かったので、こちらも読んだらおもしろかった。2013/06/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/451426

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。