文春文庫<br> 故郷忘じがたく候

個数:1
紙書籍版価格 ¥627
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
故郷忘じがたく候

  • 著者名:司馬遼太郎
  • 価格 ¥519(本体¥472)
  • 文藝春秋(2015/02発売)
  • 【Kinoppy】文藝春秋 時代小説フェア ポイント30倍!(~2/3)
  • ポイント 120pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167663148

ファイル: /

内容説明

十六世紀末、朝鮮の役で薩摩軍により日本へ拉致された数十人の朝鮮の民があった。以来四百年、やみがたい望郷の念を抱きながら異国薩摩の地に生き続けた子孫たちの痛哭の詩「故郷忘じがたく候」。他、明治初年に少数で奥州に遠征した官軍の悲惨な結末を描く「斬殺」、細川ガラシャの薄幸の生涯「胡桃に酒」を収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

むーちゃん

136
なかなか面白かった 薩摩もわが故郷の佐賀 有田・伊万里も似たようなものだったのかも。 斬殺はやはり幕末は優秀な人ほど早くなくなったというつけが。 最後の細川ガラシャのところは嫉妬はほどほどにてと秀吉の好色すぎるところが印象に残りすぎるほど残った笑2019/01/18

とん大西

121
三編とも70頁ほどのボリューム。にもかかわらずどの話も読応えがあって満足(司馬作品がホームという感覚なので大体こういう感想になりがち)。表題の「故郷忘じがたく候」は小説かと思いきや紀行エッセイ。秀吉の朝鮮侵攻の際、捕らえられ薩摩で生きることを余儀なくされた朝鮮の民たち。窯を守り続けた400年。為政者、国家は変わり続けた。日本で生まれた彼らの子や孫は日本人であった。だが、受け継がれた血脈と朝鮮の姓。歴史と地続きの彼ら、今。アイデンティティを穏やかに問うような司馬氏と14代沈寿官氏の邂逅にロマンを感じます。2020/08/20

新地学@児童書病発動中

110
「故郷忘れじがたく候」では、朝鮮の役で日本に連れてこられた人々の生き様を描いている。自分の住んでいる鹿児島のことが、司馬さん独特の詩的な筆致で描かれて、こそばゆい気持ちになった。歴史に翻弄された人々にそそぐ司馬さんの眼差しには、いつも暖かいものがある。「斬殺」では、幕末の東北の複雑な政治状況が分かる作品。世良修蔵と呼ばれる官軍の男性の哀れな末路が印象に残る。世良も時代のうねりに呑みこまれた人物として、司馬さんは自分の筆で記録したかったのだろうか。2017/03/03

レアル

84
表題作は朝鮮の役で日本に連れてこられた人々の生き様を描いている。他、世良修蔵を描く「斬殺」。細川ガラシャを描いた「胡桃と酒」。ガラシャの方は印象に残るが、世良修蔵の「斬殺」は、奥羽鎮撫軍参謀にまでなるが、タイトルが予感するように殺される物語。こちら何回読んでも漠然としか歴史をとられられない私の知識不足のせいか、イマイチ心に残らない。いつも新鮮な気持ちで読んでいる自分がいる。勉強不足だな。。2015/10/26

サンダーバード@読メ野鳥の会怪鳥

83
中編が3作。表題作「故郷忘れじがたく候」は秀吉の朝鮮出兵により薩摩に連行され帰化した陶工達の末裔の物語。370年の時を経て初めて先祖の土地を訪れた時の気持ちは例えようもないものであろう。歴史小説というよりは「街道を行く」のような雰囲気であった。「斬殺」は会津征伐に向かった長州藩士世羅の物語。錦の御旗があるとはいえわずか200名の寄せ集め兵士で会津征伐に向かうという滑稽さ。新明治政府はかくも脆弱な政府であったのだ。「胡桃に酒」は細川忠興とその妻たま(ガラシャ)。嫉妬深い夫を持つ絶世の美女の悲劇。★★★+2017/01/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/567020

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。