ガガガ文庫<br> ドラゴンライズ 双剣士と竜の嘘

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

ガガガ文庫
ドラゴンライズ 双剣士と竜の嘘

  • 著者名:水市恵【著】/029【イラスト】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 小学館(2013/05発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784094512953

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

竜と人とが争う世界で吐かれた、致命的な嘘

ここは竜と人とが争いを繰り返す、剣と魔法の世界。
 背は小さいが凄腕で毒舌の剣士であるノラ、天然ぼけだが気立てのいい天才魔術師のアイという美人姉妹。そして姉妹に命を助けられたボンクラ剣士の俺・フレイク。
 たった三人のギルド・グライズは、しかし、圧倒的な力を誇る姉妹の活躍により、多少は名の知られた存在だった。
 そんな俺たちのもとに、要人である無口な幼女カーネスを警護し、旅の目的地まで届けてほしいという依頼が舞い込む。男性嫌いのカーネスは、なぜか俺にだけはなついてきた。旅の幸先は悪くなさそうだ。
 だがそんなグライズを襲い来る、三匹の竜。おかしい。竜たちは孤独を愛し、けっして群れをなさないはずなのに――。
 ありえない竜の群れに、グライズはどんなふうに立ちむかえばいいのか。やつらの目的はやはり謎に包まれたカーネスの能力にあるのだろうか……!?

 『時間商人』『イヴの時間 another act』でサプライズとハートフルな展開を描いてきた水市恵による異世界ファンタジーアクション開幕!
 驚愕の展開が、読者を待ち受ける――。

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

海猫

18
この手の異世界ファンタジーは久々に読むがまずまず面白かった。定番の剣と魔法ものであり派手に捻っているわけではないが細かい趣向をきっちり押さえてシンプルに読ませる姿勢は好ましく媚びたところがないのも良い。ライトノベル的というよりジュブナイルや少年漫画的な味わいがある。プロットも要人護送という柱がしっかりしているので続刊で効いてくると思う。2012/10/22

nana

16
面白かったです。続きが読みたいです、全然終わってないしね(^_^;)2016/11/06

サエズリ割津

8
わかりやすいファンタジーでした。竜の嘘っていうサブタイトルはなるほどなぁって感じです。続きは時間を見つけて。2018/07/10

森恭次郎@お日さま役者

6
読了。「剣と魔法の泣いた赤鬼」という別名を思いついた。腕相撲は良いとして、この世界に「鬼」がいるのか、という些細な疑問が思い浮かぶものの、じゃあ単純に「竜ごっこ」と名前を変えられるかといえば、実際に竜が存在している以上無理だろうな。「追いかけっこ」じゃ駄目だったのかな。それぞれのキャラクタが隠している嘘がなんなのか、再読しながら妄想していこうと思います2012/05/23

ひのえ

5
戦闘は激しく、キャラクターたちは魅力的で面白かったんだが、体言止めが多くて読んでて疲れた。設定は細かいんだが捌き切れてない様に思う。良くも悪くも今後に期待したい作品だった。余談だが、竜に追われる少女というと、され竜のアナピヤを思い出してしまうため、もしかしたらと身構えていたがそんなことはなかったので一安心。2014/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4071458

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。